最新記事

兵器

ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

What Is HIMARS? U.S. Providing Rocket Launchers to Help Ukraine

2022年7月26日(火)19時05分
ジャック・ダットン

GPS誘導ロケット弾が正確に標的を叩く。最大6発の装填も1分で終わる Lockheed Martin/YouTube

<ロシア軍優勢だったウクライナ東部の戦況を一変させる「ゲームチェンジャー」の実力>

アメリカがウクライナに提供したM142高機動ロケット砲システム(HIMARS=ハイマース)は、射程の長さと、ロシア軍に深刻な打撃を与える能力の高さから、西側の軍事専門家たちからは戦況を一変させる「ゲームチェンジャー(戦況を一変させる兵器)」と呼ばれている。

ハイマースが初めてアメリカからウクライナに到着したのは6月。ロシア軍が完全支配を狙って攻勢をかける東部のドンバス地方で、ウクライナ軍がロシア軍を押し返すための強い味方になるとみられている。

アメリカのロッキード・マーティンが製造したこのロケット砲システムは、長射程で移動式、しかも精密誘導による砲撃が可能。戦場で圧倒的な力を発揮する兵器だ。実際の運用では標準的なアメリカ陸軍の車台「M1140」に搭載される。

GPS誘導ロケット弾を1基につき6発搭載可能で、再装填にも約1分しかかからない。運転手、射撃手、発射装置班長からなる少人数のチームで稼働可能だ。

ハイマースの最大射程は300キロだが、ウクライナ向けのハイマースでは約80キロに制限されている。ロシアを刺激し過ぎないようにするためだ。それでも、先に西側から供与されたM777榴弾砲と比べれば2倍近い。

ロシアは「悲惨な状況」

ハイマースは1990年代末に開発が進み、2005年から配備されている。イラクおよびシリアにおける過激派組織「イスラム国」(IS)との戦闘で重要な役割を果たした。2010年にはアフガニスタンにも配備され、タリバンに対するNATO軍の攻勢でも威力を発揮した。

アメリカ軍高官は7月15日、ウクライナ軍はハイマースを使用して、この数週間で100以上の「重要度の高い」ロシア側の標的を破壊したと述べた。この高官によれば、これらの標的は、弾薬庫、長射程砲の設置場所、指揮所、防空拠点、レーダーおよび通信ポイントなどだという。

アメリカ陸軍の退役中将マーク・ハートリングは16日、ハイマースを「ゲームチェンジャー」と形容し、ロシア軍はいまや「悲惨な状況」に陥っていると述べた。ウクライナ側が現在、ロシア軍との戦闘で用いている大半の大砲と比べても、ハイマースは射程距離が長く、精度および正確度で勝っているからだ。

ハートリングは5月末の時点で、ハイマースについて、「より機動性があり、必要な訓練も少なく、メンテナンスやサポートにも手間がかからない」と書いていた。

ホワイトハウスは15日、ハイマース4基の追加供与を発表。先に提供した12基と合わせて16基になる。

(翻訳:ガリレオ)

■【動画】最強ロケット砲ハイマースのすべて

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

プーチン大統領、ウクライナ4州併合条約署名 演説で

ワールド

ウクライナ、NATO迅速加盟正式申請 プーチン氏と

ワールド

米、対ロシア追加制裁へ 中銀総裁など対象 4州併合

ワールド

英、ロシア中銀総裁に制裁 ウクライナ4州併合受け追

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 9

    銃創の止血にはタンポン、兵舎はまるで収容所、戦わ…

  • 10

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 9

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月