最新記事

イラン

【映像】イラン軍、地下数百メートルに無人機基地 ドローン100機をTVで披露

2022年5月30日(月)15時40分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

28日に国営テレビで放送された地下基地内部の様子。正確な場所は明かされていない Iranian Army/WANA (West Asia News Agency)/Handout via REUTERS

<基地の正確な場所は公表されていない。記者は現場に到着して、ようやく目隠しを取ることを許可されたという>

イランの国営テレビは土曜、空軍の無人機が保管された地下施設内部の様子を放送した。

地下数百メートルのところにある基地には、ドローンが100機保管されているという。映像からは、大きなトンネル内に並んださまざまな型の無人機が並んでいるのが分かる。

イランは1980年代、イラクとの8年にわたる戦争中に無人機の開発を開始した。

取材に応じたアブドゥラヒム・ムサビ司令官は、自軍のドローンについて「間違いなく地域最強」と述べた。

基地はザクロス山脈の中心部に位置するとされているが、正確な場所は明かされていない。ロイター通信によると、取材した国営テレビの記者は西部ケルマンシャーからヘリコプターで移動する間、目隠しされていたという。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英経済巡る不確実性の高まり、影響注視=アトランタ連

ビジネス

ECB、インフレ期待の暴走リスクに直面=独連銀総裁

ビジネス

新たな債券購入発動せず、各国の政策ミスで金利上昇な

ビジネス

必要あれば利上げ「躊躇せず」=英中銀総裁

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、その姿は「恥ずかしかった」

  • 3

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日本人には驚くほどじゃない?

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 8

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 9

    代理出産なのになぜ!? クロエ・カーダシアン「新生児…

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月