最新記事

アジア歴訪

アジア歴訪で自分は人気者と勘違いしたトランプが危ない

The Myth Behind Trump's Lavish Overseas Receptions

2017年11月14日(火)18時30分
ジェイソン・ルミエール

アメリカ大統領なら表向きはとりあえず歓迎するのが当たり前なのに(11月9日、北京) Damir Sagolj-REUTERS

<各国の厚遇をトランプは地政学的現実と勘違いしかねない。事実、ドゥテルテがラブソングを歌うと超法規的殺人も不問にしてしまった>

ドナルド・トランプ大統領は旅行好きではないが、外遊先で受けるもてなしはすっかり気に入ったようだ。

トランプは11月13日、アジア5カ国歴訪で受けた待遇について、「おそらく誰も受けたことがない手厚い歓迎だった」と述べた。

どのアメリカ大統領より歓迎された、とトランプが自慢したのはこれが初めてではない。だが「海外におけるトランプ人気」の現実はまったく違う。さまざまな首脳や独裁的な政治指導者からトランプが受ける歓待と、一般の人々の彼に対する考え方が対照的であることは、世論調査や抗議活動が証明している。

シンクタンクのピュー・リサーチ・センターが今春、37カ国で実施したトランプに関する調査によると、外交でバラク・オバマ前大統領よりトランプにいい点をつけた国はたった2カ国だった。また、トランプを信頼していると回答した割合は、37カ国平均で22%にすぎない。

外国政府の歓待は別として、外遊するトランプの不人気を示す証拠は山のようにある。トランプが「誰も受けたことがない歓迎」と口にしたフィリピンの首都マニラでは、多くの人がアメリカ大使館に向かってデモ行進を行った。中には、4メートル大のかぎ十字の形に手がついたトランプ人形を作って燃やした人もいた。

社交辞令を解しない

フィリピン訪問に先駆けてトランプが訪れた日本と韓国でも、トランプに対する抗議デモが行われた。トランプに対する抗議がなかったのは、強権的な政治体制の国だけのようだ。そうした国々では、トランプはメディアから質問を受けたり、一般の人から露骨な敵意を向けられたりすることもない。

トランプは過去にも、行く先々で惜しみなく浴びせられるお世辞を真に受けてきた。7月のフランス革命記念日にパリを訪問した後にトランプが米紙に述べたところによると、フランスに行く気になった理由の1つは、同国のエマニュエル・マクロン大統領から、「フランスではあなたは人気がある」と言われたからだという。しかし、ピュー・リサーチ・センターの調査によれば、トランプを信頼していると答えたフランス人はたったの14%だ。

またトランプは、ポーランドのワルシャワを訪問した時についても、「大変な歓待を受けた」と言っている

トランプが、彼を公然と批判した指導者からすら歓待を受けるのはなぜだろう。確固たるイデオロギーを持たず、態度がころころと変わる大統領に取り入る一番の方法は、大げさなお世辞を並べることだと各国の指導者が悟ったからかもしれない。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮大使、米韓軍事演習続く限り交渉しないと言明

ビジネス

焦点:中国金融機関の外資規制緩和、早期活用は厳しい

ワールド

特別リポート:サウジ「王室分裂」の裏側、汚職口実に

ビジネス

中国人民銀、穏健で中立的な金融政策を維持へ=四半期

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 9

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 10

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 6

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 7

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 8

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 9

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 10

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月