最新記事

銃乱射事件

テキサス銃乱射男は、幼い息子の頭をかち割っていた

2017年11月7日(火)19時20分
クリスタル・ヘイエス

妻の家族が信者だから教会を狙った疑いも Texas Department of Safety/REUTERS

<小さな町の教会で銃を乱射し子供を含む26人を殺した男の転落>

テキサス州の小さな町にある教会で11月5日、銃を乱射して子どもを含む26人を殺害した男は無神論者で、犯行は別居中の妻の家族を狙ったものだった可能性がある。報道によると、犠牲者には容疑者の妻の祖母も含まれているという。

警察は、デビン・パトリック・ケリー容疑者の経歴や、日曜礼拝を狙って犯行に及んだ理由について、引き続き捜査中だ。しかし、容疑者の人物像や、考えうる動機が明らかになりつつある。容疑者は、離婚歴や、仕事を解雇された過去を持ち、キリスト教はくだらないと考えていた。また、空軍に勤務していたころには、妻に暴力を働いたほか、義理の息子の頭蓋骨を骨折させたこともある。

ニューヨーク・タイムズ紙によると、容疑者の元同級生ニーナ・ローザ・ナヴァはフェイスブックに「(容疑者は)神の存在を信じる人たちを常にバカ呼ばわりし、無神論を説いていた」と投稿している。

ケリーが悲観的で異常な投稿を繰り返していたため、ナヴァを含むほかの友人は、彼を友達から削除したという。しかし捜査当局は、今回の銃撃事件のきっかけになったのは、ケリーの宗教的思想ではなく家庭の事情のようだと述べた。

空軍の検察官だったドン・クリステンセン元大佐は、サンアントニオ・エキスプレス・ニュース紙に対し、ケリーの最初の結婚は2012年に終わったと述べた。ケリーは当時空軍で勤務していたが、妻を殴打し、幼い義理の息子の頭蓋骨を骨折させて軍法会議にかけられたあと離婚したのだ。ケリーは12カ月拘束されたという。

ケリーの転落はそこから始まる。

信心深かった妻

2014年にはコロラド州で、動物虐待容疑で起訴された。犬に飛び乗って頭を連打した、と近隣住民が通報したためだ。また、ハスキーの子犬を地面に叩き付けて自分のキャンピングカーまで引きずっていったという別の近隣住民の証言もある。

同年にケリーは、ダニエル・リー・シールズと再婚したが、幸せな結婚生活は長く続かなかった。2017年までには別居しており、妻の母親の携帯電話に脅迫メッセージを送っていたと、テキサス州公安局の広報担当者フリーマン・マーティンは述べている。

ケリーがサザーランドスプリングスにあるファースト・バプティスト教会を狙ったのは、妻の家族がその教会の信者だからではないか、と捜査当局はみている。妻の履歴書から、彼女が4年前から同教会で幼児を対象に教えており、多くのボランティア活動にも従事していることがわかる。

シールズの家族の大半は、5日の日曜礼拝に参列していなかった。しかし、祖母だけはその場におり、ほかの25人とともに犠牲になったと家族はCNNに語っている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀、元安抑制へ外為フォワード取引の準備金再

ワールド

原油先物が小反発、ドル高が頭抑える

ワールド

27日に安倍元首相国葬、世論割れたまま 内閣支持率

ワールド

豪政府、個人情報規則の変更計画 通信大手のサイバー

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    Google元エンジニアは言う──彼が開発したAIには、確…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 10

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月