最新記事

ハッカー

北朝鮮のサイバー攻撃激化を大手行が危惧 次は米銀か

2017年11月2日(木)18時40分

10月31日、北朝鮮が、金融ネットワークを破壊することで、ここ数年頻繁に仕掛けてきたハッキング攻撃を激化する可能性に対し、世界の大手銀行は自衛策を講じている。写真は、北朝鮮の国旗とLANケーブル。シンガポールで11月1日撮影(2017年 ロイター/Thomas White/Illustration)

北朝鮮が、金融ネットワークを破壊することで、ここ数年頻繁に仕掛けてきたハッキング攻撃を激化する可能性に対し、世界の大手銀行は自衛策を講じている。31日に開催された「ロイター・サイバーセキュリティー・サミット」で専門家が明らかにした。

サイバーセキュリティー会社「クラウドストライク」のドミトリ・アルペロビッチ最高技術責任者(CTO)は、北朝鮮のハッカー集団は過去3年間で銀行から巨額の資金を盗み出していると言う。そのなかには、2016年に起きたバングラデシュ中央銀行に絡む8100万ドル(約92億円)の不正送金事件も含まれる。

韓国やソニー<6758.T>傘下のソニー・ピクチャーズエンタテインメントに仕掛けた「ワイパー」型のマルウエアと同じタイプのものを使うことにより、北朝鮮のハッカー集団の破壊力が一段と増すことを銀行は危惧していると、アルペロビッチCTOは語った。

北朝鮮政府は、同国がサイバー攻撃を行っているとする専門家や米国政府による非難を、繰り返し否定している。

北朝鮮のハッカー集団は、銀行業務を妨害するため、サイバー攻撃による強奪で得た金融ネットワークに関する知識を利用しかねないとアルペロビッチCTOは述べ、自社が数行と「戦争ゲーム」の訓練を行っていることを明らかにした。

「盗みと破壊は紙一重で、わずか数回のキー操作の差だ」と同氏は言う。

米大手行のセキュリティー担当チームは過去数カ月、北朝鮮によるサイバー攻撃の脅威に関する情報を共有していると、別の事情に詳しいサイバーセキュリティー専門家は語った。

「(北朝鮮が)韓国の銀行を攻撃したことが分かっている」とこの専門家は述べ、米銀が次のターゲットになるという懸念が一段と高まっていると付け加えた。

北朝鮮が相次ぎ強行した核やミサイル実験に加えて、トランプ米大統領と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による好戦的な言葉の応酬によって、米朝間の緊張は高まっている。

ニュース速報

ビジネス

米政府機関閉鎖、トリプルA格付けに直接影響せず=フ

ワールド

米軍、中露との競争が最優先事項 対テロから方針転換

ビジネス

米国株は消費関連株主導で反発、S&Pとナスダックは

ビジネス

景気「緩やかに回復」、総括判断7カ月ぶり上方修正=

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    フィンテックの台頭でお堅い銀行が様変わり

  • 3

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせた理由

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    自ら考える部下の育て方は「日本一オーラのない監督…

  • 6

    アメリカの「政府機関閉鎖」と「債務上限問題」の基…

  • 7

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 8

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 5

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 6

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 7

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 8

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカ…

  • 5

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 6

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 7

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 8

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 9

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

  • 10

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月