最新記事

災害支援

「トランプは我々を犬扱いした」プエルトリコの怒りと証拠動画

Trump’s Attacked for Lack of Empathy in Puerto Rico

2017年10月5日(木)14時04分
グレアム・ランクツリー

ハリケーンで被災した米領プエルトリコ・サンファンを見舞ったトランプだが Jonathan Ernst-REUTERS

<ハリケーン直撃から2週間経ってやっと被災地にやってきたと思ったら、支援物資を被災者にポンポン投げ始めたトランプの頭の中は?>

ドナルド・トランプ米大統領は3日、超大型ハリケーン「マリア」で深刻な被害を受けた米自治領プエルトリコを2週間後にようやく視察。数時間の滞在中に被災者にペーパータオルをぶん投げる、未だに全島の94%が停電したままの状況も知らないのか、「もう必要ないだろうけど」と冗談(?)を言いつつ懐中電灯を渡すなど、支援の遅れに輪をかけて被災者を激怒させている。

被災者の間では二級市民のように扱われた、という声が多い。なかでも評判が悪いのが、ペーパータオルのロールをポンポンと被災者に投げてみせたこと。「犬にボールを投げるのと同じ感覚だ」と、ニューヨーク在住のプエルトリコ出身者ジョエル・イサークはメディアに訴えた。

(「なんで被災者に物を投げるんだ。人間扱いしていない」と、ノースカロライナ州在住のプエルトリコ出身者フランセス・アルバラドも憤る)


トランプは予め選んであった被災世帯を訪問。スペイン語で感謝と歓迎の挨拶を受けてご満悦だった。

8月末のハリケーン「ハービー」、9月初めの「イルマ」でそれぞれ大きな被害を受けたテキサス州とフロリダ州には、トランプは被災後数日で視察に行った。だがイルマとマリアのダブルパンチを受けた人口350万人のプエルトリコへの視察には約2週間かかったように、支援が後手後手に回っている。被災当初は、国家斉唱の際に起立しないNFLの選手たちを非難するのに1日20以上のツイートを打ちながら、プエルトリコには何の言及もない日もあった。

(「トランプがプエルトリコを植民地のように扱う限り、ハリケーン・マリアの被害から立ち直れない」)


トランプ政権は支援は順調に進捗していると強調、連邦政府の災害対応能力を示せた点で「非常に良いニュースだ」と自画自賛している。だがプエルトリコ最大の都市で、自治政府所在地サンフアンのカルメン・ユリン・クルス市長は先週、たまりかねたようにこう訴えた。「良いニュースなんかじゃない。人々は死にかけている。生きるか死ぬかの瀬戸際だ。食糧も水もなく、事態はどんどん悪化している」

これに対しトランプは、クルス市長は民主党にそそのかされて、自分の悪口を言い始めたとツイート。女性市長は「指導力不足」で、災害に対応できないと批判した。

トランプは現地滞在中、1000人以上の死者が出た05年のハリケーン「カトリーナ」に比べれば、死者16人の「マリア」は「本物の大惨事」とは言えないと述べた(その日のうちに地元当局は死者数を16人から34人に訂正)。

ニュース速報

ワールド

焦点:北朝鮮が自賛する「国産装置」、兵器開発の立役

ビジネス

情報BOX:緊迫するNAFTA再交渉、3カ国の主な

ビジネス

日米経済対話、米自動車輸出の一部巡り騒音試験簡素化

ビジネス

ドルやや上昇、インフレ動向に注目=NY市場

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 3

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱えるニューポリティックス

  • 4

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 7

    アベノミクスが雇用改善に寄与した根拠

  • 8

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 9

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    トランプがアメリカを第3次世界大戦に導く危険を冒す

  • 4

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 5

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 6

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 7

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月