最新記事

セレブ

イーロン・マスクにキスマークを残して破局した女優アンバー・ハードとは

2017年8月10日(木)18時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

イーロン・マスク(右)の頬にはアンバー・ハード(左)のキスマークが Entertainment Tonight-YouTube

<億万長者イーロン・マスクの元彼女は、今年の春まで大物俳優と泥沼離婚劇を繰り広げていた魔性の女?>

テスラ・モーターズやスペースXを創業したことで知られるイーロン・マスク(46)が、ビジネスではなくゴシップで取り沙汰されている。今年3月に交際が報じられた相手は、何を隠そう、ジョニ―・デップと今年の春まで泥沼離婚劇を繰り広げた、女優のアンバー・ハード(31)なのだ。

【参考記事】イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だと知ってほしい」

それから半年と経たない8月6日、英デイリー・メール紙はじめ多くの海外メディアが、億万長者と「有名」女優のスピード破局を一斉に報じた。

jd-ah01.jpg

2011年11月、映画『ラム・ダイアリー』の欧州プレミアに登場したアンバー・ハード(右)と元夫ジョ二―・デップ(左) Paul Hackett-REUTERS


魔性のアンバー・ハード

アンバー・ハードが広く知られたのは、2011年公開の映画『ラム・ダイアリー』(ヒロイン役)に出演し、相手役のジョニ―・デップ(54)と出会い、交際したことがきっかけ。デップの知名度もさることながら、ハ―ドの美貌とキャラクターに注目が集まった。

ハードは2011年に、自身がバイセクシャルであることを公表している。さらに、デップと出会ったことで、当時4年ほどパートナーの関係にあった女性と別れ、デップとも2015年に結婚するまでに一度別れている。離婚の理由は定かでなないが、一部ではデップの家庭内暴力(DV)が原因と報じられた。

【参考記事】マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

前夫からの慰謝料は8億円

2016年に始まった泥沼の離婚劇は、約8か月後にようやく収束。ピープル誌などによれば、2017年1月13日、裁判所の判決を持ってデップ側が、総額で約700万ドル(約8億円)の慰謝料を支払うことで離婚が成立。1年3カ月の結婚生活にピリオドが打たれた。

kizu-01.jpg

ロサンゼルスの裁判所を去るアンバー・ハードの頬には痣が Rollo Ross-REUTERS

ニュース速報

ワールド

米軍、中露との競争が最優先事項 対テロから方針転換

ビジネス

米国株は消費関連株主導で反発、S&Pとナスダックは

ビジネス

景気「緩やかに回復」、総括判断7カ月ぶり上方修正=

ワールド

北朝鮮、平昌冬季五輪の開幕前日に軍事パレードの可能

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    フィンテックの台頭でお堅い銀行が様変わり

  • 3

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせた理由

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 6

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 7

    自ら考える部下の育て方は「日本一オーラのない監督…

  • 8

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    北朝鮮にらみ米空軍の戦略爆撃機3種がグアムに集結

  • 1

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 米カリフォルニアで

  • 4

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 5

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新…

  • 6

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 7

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 8

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカ…

  • 5

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 6

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 7

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 8

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 9

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

  • 10

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月