最新記事

ピープル

マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

2017年8月4日(金)17時07分
ニューズウィーク日本版編集部

今年2月のマライア・キャリー。ここから現在までの半年間に何があったのか…… Danny Moloshok-REUTERS

まるで相撲レスラーだ!

こう驚かれたのは7月中旬、ラスベガスのシーザーズ・パレスでコンサートを行った歌手マライア・キャリー。2年前から始まったマライアの常設コンサートは、7月18日に最終日を迎えた。

ぴたぴたのレオタードにタイツ姿のマライアは明らかに太り過ぎで、バックダンサーが彼女を抱えたり、受け止めたりする場面では、彼らの「よっこらしょ」という声が聞こえてきそうなほど。メディアやSNSにはその日や前日の写真や動画が広がり、揶揄するコメントや彼女を擁護する声で大騒ぎになった。

その体重は推定120キロ(身長は約175センチ)。でも仕事も私生活も充実している本人は、大して気にしていないようだ。

8日1日にはライオネル・リッチーのツアーに特別出演した後、年下のバックダンサーの恋人ブライアン・タナカとディナーを楽しむ様子をインスタグラムにアップ(下写真)。しかもむっちりボディを強調するドレスで、「激太りと言われたって構わない」というメッセージのようだった(当然ながら「クジラみたい」といった意地悪なコメントも付いた)。

これまでも彼女の体形はたびたび話題になってきた。2011年にニック・キャノンとの間の双子を出産した後は30キロ以上減量したと告白しており、おそらく妊娠中は100キロ前後だったはず。その後、オーストラリア人富豪のジェームズ・パッカーと婚約するとダイエットで随分スリムになったが、2016年秋に彼と破局してからまた太り始めた。

マライアのインスタグラムを見れば分かるように、彼女はその「曲線美」を決して隠そうとはしていない。不自然なほど胸を強調した写真も多いが、それに「いいね!」を付ける人は何万人もいるし、「いったい何を目指しているのか?」と奇妙に思う人だっているだろう。 

美醜の基準は人それぞれ。私は私。好きにするんだから放っておいて――今の時代にぴったりのメッセージではある。一応言っておくと、舞台に上がるときはスカート付きの衣装がお勧めだけど。

【参考記事】動画:マライアを裸にするドキュメンタリー『マライアズ・ワールド』
【参考記事】マライア・キャリーはヌードで眠る

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

ペンス米副大統領、南米諸国に北朝鮮との関係断絶を要

ビジネス

NAFTA再交渉開始、米国「微修正では済まない」と

ビジネス

英EU離脱、大半企業は現時点で戦略変更なし=調査

ビジネス

貿易収支、7月は4188億円の黒字 米向け自動車輸

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 2

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 3

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック・デス」とは何者か

  • 4

    韓国の文大統領、北朝鮮と米国の対立緊迫化で外交に…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 7

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 8

    米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    北朝鮮の金正恩、軍からグアム攻撃計画受ける 決定…

  • 1

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広島・高知通過を予告

  • 2

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしまった

  • 3

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 4

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 5

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 6

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 7

    トランプ「軍事解決の準備完全」、北朝鮮「核戦争の…

  • 8

    核攻撃を生き残る方法(実際にはほとんど不可能)

  • 9

    北朝鮮巡る軍事衝突のリスク非常に高い、ロシアは回…

  • 10

    海外旅行格差から見える日本社会の深い分断

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 8

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

  • 9

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 10

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月