最新記事

ピープル

マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

2017年8月4日(金)17時07分
ニューズウィーク日本版編集部

今年2月のマライア・キャリー。ここから現在までの半年間に何があったのか…… Danny Moloshok-REUTERS

まるで相撲レスラーだ!

こう驚かれたのは7月中旬、ラスベガスのシーザーズ・パレスでコンサートを行った歌手マライア・キャリー。2年前から始まったマライアの常設コンサートは、7月18日に最終日を迎えた。

ぴたぴたのレオタードにタイツ姿のマライアは明らかに太り過ぎで、バックダンサーが彼女を抱えたり、受け止めたりする場面では、彼らの「よっこらしょ」という声が聞こえてきそうなほど。メディアやSNSにはその日や前日の写真や動画が広がり、揶揄するコメントや彼女を擁護する声で大騒ぎになった。

その体重は推定120キロ(身長は約175センチ)。でも仕事も私生活も充実している本人は、大して気にしていないようだ。

8日1日にはライオネル・リッチーのツアーに特別出演した後、年下のバックダンサーの恋人ブライアン・タナカとディナーを楽しむ様子をインスタグラムにアップ(下写真)。しかもむっちりボディを強調するドレスで、「激太りと言われたって構わない」というメッセージのようだった(当然ながら「クジラみたい」といった意地悪なコメントも付いた)。

これまでも彼女の体形はたびたび話題になってきた。2011年にニック・キャノンとの間の双子を出産した後は30キロ以上減量したと告白しており、おそらく妊娠中は100キロ前後だったはず。その後、オーストラリア人富豪のジェームズ・パッカーと婚約するとダイエットで随分スリムになったが、2016年秋に彼と破局してからまた太り始めた。

マライアのインスタグラムを見れば分かるように、彼女はその「曲線美」を決して隠そうとはしていない。不自然なほど胸を強調した写真も多いが、それに「いいね!」を付ける人は何万人もいるし、「いったい何を目指しているのか?」と奇妙に思う人だっているだろう。 

美醜の基準は人それぞれ。私は私。好きにするんだから放っておいて――今の時代にぴったりのメッセージではある。一応言っておくと、舞台に上がるときはスカート付きの衣装がお勧めだけど。

【参考記事】動画:マライアを裸にするドキュメンタリー『マライアズ・ワールド』
【参考記事】マライア・キャリーはヌードで眠る

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

ECB、来週の理事会で資産買い入れのガイダンス維持

ビジネス

2017年の独経常黒字は2870億ドル、2年連続で

ワールド

英国がEU離脱撤回なら歓迎、方針変更は依然可能=E

ワールド

シンガポールとの鉄道プロジェクト、政治で脱線せず=

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

政権崩壊の序章」予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    金正恩が背負う金王朝の異常性

  • 5

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 6

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 7

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    今度の性被害者は男性モデル!ヴォーグ誌が著名写真…

  • 10

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 1

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 2

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 3

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に北を空爆せよ」

  • 4

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 5

    イルカの聴力さえ奪う魚のセックス大騒音

  • 6

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 7

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 8

    今の日本で子を持つことは「ぜいたく」なのか?

  • 9

    「無理なハゲ治療」 ついに明かされたトランプヘア…

  • 10

    犬のうんちで方角が分かる? 犬は南北に体を向けて…

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる

  • 3

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇…

  • 6

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

  • 10

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月