最新記事

ヨーロッパ経済

意外な底力を見せるユーロ圏の経済

The Eurozone's Hidden Strength

2017年8月1日(火)17時10分
ダニエル・グロー(欧州政策研究センター所長)

Stuart Kinlough-Ikon Images/GETTY IMAGES

<「崩壊の危機」を脱して回復軌道に乗り、緊縮財政下でも強固な成長は可能だと実証>

ここ何年か、ユーロ圏の将来はもっぱら「いつ崩壊するか」という文脈で論じられてきた。その経済は末期的症状を呈していると、多くの人々が思い込んでいる。昨年イギリスがEU離脱を選択したのも、ユーロ圏の経済に見切りをつけたという側面もあった。

だがここにきて金融市場は単一通貨ユーロの買いに走り始めた。それには理由がある。

遅まきながら市場もユーロ圏の潜在的な力に気付いたようだ。事実、ユーロ圏は11~12年の危機をとうに脱出し、1人当たりの成長率は今やアメリカを上回っている。失業率も低下しているが、低下のペースはアメリカより遅い。ただし、これには労働参加率の違いが絡んでいる。

アメリカでは00年前後から労働参加率が低下し始めた。長期にわたる失業で求職活動を断念した人たち(失業者に数えられない)が増えているためだ。特に09年の景気後退後、この傾向が顕著になった。

ヨーロッパでも多くの労働者が長期にわたり非常に高い失業率に直面してきたから、同様の現象が起きてもおかしくない。だがユーロ圏では過去5年間に250万人が新たに労働力人口に加わり、労働参加率は上昇。一方で500万人分の雇用が生まれたため、失業率は半減したが、アメリカほど大幅な低下はみられない。

【参考記事】「グローバル化は終焉、日本はEUに加盟せよ」水野和夫教授

注目すべきは、ユーロ圏の経済が予想外の形で、つまり継続的な財政出動なしで回復してきたことだ。ここ数年の緊縮政策をめぐる声高な議論は的外れだったと言わざるを得ない。批判派も擁護派も引き締めの影響を過大に評価していたようだ。

ユーロ圏の景気調整済み財政赤字は、14年以降ほぼ変わらずGDPの1%前後を維持してきた。もちろん加盟国によって財政状態に大きなばらつきがあるが、多様な国々の通貨統合である以上、それは想定内。ユーロ圏の劣等生といわれるフランスでさえ、財政赤字も債務残高もアメリカより少ない。

EUの「安定成長協定」やユーロ圏の「財政協定」などの財政ルールは有名無実とみられているが、ユーロ圏の現状をアメリカや日本と比較すれば、この見方は説得力を失う。

確かに財政規律の基準を守れなくても何らかの制裁が科されるわけではない。それでもルール違反が声高にとがめられることによって健全財政維持の圧力が働き、無節操なばらまきに歯止めがかかる。ユーロ圏の多くの国々が採用してきた「ソフトな緊縮路線」は、結局のところ賢い選択だったとみていい。

ニュース速報

ワールド

EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承

ビジネス

焦点:中国自動車メーカー、ついに夢の欧米市場進出か

ビジネス

米共和党、税制改革法案・最終案の概要発表 法人税2

ビジネス

米主要株価3指数が最高値更新、税制改革実現への期待

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か 超能力伝説でイメージ作りも

  • 4

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 5

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 6

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 7

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 8

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    プーチンの本音は「五輪禁止」に感謝?

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を甘く見た」ツケ

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月