最新記事

動物

ジャーマンシェパード2頭に1頭が安楽死 見た目重視の交配の犠牲に

2017年7月28日(金)17時55分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

photopix-iStock

<人間好みに変形させられたシェパードの5割が歩けず殺される>

ロイヤル・ベタリナリー・カレッジ(ロンドン大学の獣医学を専門としたカレッジ)が発表した研究で、人間の好みに合わせて交配を繰り返したジャーマンシェパードの悲惨な人生が明らかになった。

オンラインジャーナル「Canine Genetics and Epidemiology(イヌの遺伝と疫学)」に研究を発表したダン・オニール博士らのチームは、イギリス全域の動物病院430カ所からデータを集めた。その結果、ジャーマンシェパードは、異常な傾斜のある背中や攻撃性、そして関節炎やガンといった病気に苦しむ割合が、他の犬種よりも多かった。生まれてきたジャーマンシェパードの2頭に1頭が歩けないので安楽死させられる。

【参考記事】垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛護団体から残酷との声

シェパードの死亡理由は、不自然なバランスの骨格のせいか、約20%が筋骨格系疾患もしくは、骨関節炎(変形性関節症)によるもの。4.7%は攻撃性が強すぎて噛むので殺さざるをえないという。

ドッグショーで高く評価されるジャーマンシェパードの条件は、後ろ脚が極端に短く、肩から尻尾にかけて異常な傾斜のあること。ブリーダーは「優れた」個体を生み出すために、このような特徴を持って生まれた個体同士を人為的に掛け合わせて繁殖を繰り返す。

オニール博士はテレグラフに対し、世間には「完璧なジャーマンシェパード」に対する間違った思い込みがあると指摘。ドッグショーで背中が傾斜しているのが良しとされると、傾斜していればいるほど良いと思ってそれを求めてしまうという。


(2016年のドッグショーで評価されたシェパードの成長記録)

ニュース速報

ビジネス

ECB、来週の理事会で資産買い入れのガイダンス維持

ビジネス

2017年の独経常黒字は2870億ドル、2年連続で

ワールド

英国がEU離脱撤回なら歓迎、方針変更は依然可能=E

ワールド

シンガポールとの鉄道プロジェクト、政治で脱線せず=

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

政権崩壊の序章」予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    金正恩が背負う金王朝の異常性

  • 5

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 6

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 7

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    今度の性被害者は男性モデル!ヴォーグ誌が著名写真…

  • 10

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 1

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 2

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 3

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に北を空爆せよ」

  • 4

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 5

    イルカの聴力さえ奪う魚のセックス大騒音

  • 6

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 7

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 8

    今の日本で子を持つことは「ぜいたく」なのか?

  • 9

    「無理なハゲ治療」 ついに明かされたトランプヘア…

  • 10

    犬のうんちで方角が分かる? 犬は南北に体を向けて…

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる

  • 3

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇…

  • 6

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

  • 10

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月