最新記事

テロ

厳戒態勢のなかアリアナが慈善公演「マンチェスターは屈しない」

2017年6月5日(月)16時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

会場は5万人の観客で埋め尽くされた Danny Lawson/One Love Manchester/REUTERS

<先月マンチェスターのコンサートで自爆テロ攻撃を受けたアリアナ・グランデが慈善コンサートを開催。ロンドンテロ直後の厳戒態勢のなか、テロに屈しない結束を世界に呼び掛けた>

イギリス・マンチェスターで先月のコンサート中に発生した自爆テロ事件を乗り越え、今週4日、歌手アリアナ・グランデが慈善コンサートを開催した。販売された3万5000枚のチケットはわずか6分で完売したと報じられている。

同日には、アリアナのコンサート会場から約800メートル離れたサッカー場でマンチェスター・ユナイテッドのチャリティーマッチも開催され、2つのイベントで合わせて11万5000人の観客が見込まれていた。

nc170605-ariana03.jpg

前回テロ攻撃を受けたコンサートの観客が会場に招待された Dave Hogan/One Love Manchester/REUTERS

前日3日夜にはロンドン中心部のロンドン橋などでテロ組織ISIS(自称イスラム国)傘下のメンバーによるものと見られるテロが発生し、少なくとも7人が死亡。テロへの不安が拭いきれないなかでコンサートは開催された。

ファンの間では開催を危ぶむ声が上がっていた。これに対してアリアナのマネジャーのスクーター・ブラウンは当日朝のツイッタ―で「コンサートはマンチェスターと世界が憎しみと恐れに屈しないことを宣言する意味がある」というメッセージを投稿。コンサート開催に向けた強い意志を示した。

ロンドンテロの直後に公演開催の意志を明らかにしたマネジャーのスクーター・ブラウンのツイート

亡くなった少女のために内容を変更

先月に自爆テロを受けた公演の観客があらためて招待され、収容人数5万人の会場は観客で埋め尽くされた。ステージに登場したアリアナは、「来てくれて本当にありがとう。とても幸せ、ファンと一つになれたことに感謝したい」と語った。

nc170605-ariana02.jpg

慈善公演で歌うアリアナ(写真左)とマイリー・サイラス Dave Hogan/One Love Manchester/REUTERS

コンサート内容は当初予定されていたものから直前に変更された。アリアナは先月の自爆テロの犠牲となったファンの少女オリビア・キャンベル(15)の母親を先週慰問し、「娘はヒット曲を聞きたかったはず」と聞かされて、開催直前に急遽曲目を変更したエピソードをステージ上で紹介。自身を代表するヒット曲を多数、歌い上げた。

ロンドン市内の病院に入院するファンを見舞うアリアナ

会えないファンとはビデオ通話

マンチェスター警察は、同日開催された2つのイベントのテロ警戒のために「マンチェスター警察と国内の他の警察から相当規模の警察官を投入」して警備にあたった。バッグなどの手荷物検査は通常よりも厳重に実施された他、イベントに参加する観客らは事前にバッグなどを持って行かないように指示されていた。

コンサートには、アリアナの他、ケイティ・ペリー、ジャスティン・ビーバー、コールドプレイ、ファレル・ウィリアムズなど著名アーティストが多数参加。このうち歌手のファレル・ウィリアムズはステージ上で、「いろいろなことが起きているけれど、この会場では何も恐れを感じない」と観客に語りかけた。

コンサートの様子はフェイスブックでもライブ配信された。

nc170605-ariana04.jpg

会場周辺は武装警官がテロ警戒にあたった Phil Noble-REUTERS

ニュース速報

ワールド

フランス、温暖化研究助成金を米科学者に

ワールド

豪労働党の上院議員が辞職、中国との関係巡り疑惑浮上

ワールド

トランプ氏のセクハラ疑惑、下院民主党の女性議員が調

ビジネス

正午のドルは113円半ば、米補選控え手控えムード

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 2

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を甘く見た」ツケ

  • 3

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 4

    国連事務総長「北朝鮮、対話」を──孤立するアメリカ.…

  • 5

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 6

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 7

    トランプを追い込む特別検察官の秘策

  • 8

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 9

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 10

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ起きるかだ」

  • 4

    2017年は中流でもビットコインを買える最後の年にな…

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 7

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

  • 8

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 9

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 10

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 9

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月