最新記事

対テロ戦争

アフガニスタンでISIS最高幹部を殺害 米軍との合同作戦で

2017年5月8日(月)16時05分

5月7日、米国とアフガニスタン両軍による合同軍事作戦の結果、過激派組織「イスラム国」(IS)のアフガニスタン最高幹部を殺害したと、両国の当局者が発表した。写真は、同組織壊滅を目指す米軍が初めて実戦投入した、非核兵器として最強とされる「大規模爆風爆弾」(MOAB)が投下された同国ナンガハル州で先月23日撮影(2017年 ロイター/Parwiz)

米国とアフガニスタン両軍による合同軍事作戦の結果、過激派組織「イスラム国」(IS)のアフガニスタン最高幹部を殺害したと、両国の当局者は7日発表した。

死亡したのはアブドゥル・ハシブ幹部で、米軍のドローン攻撃により死亡した前任者の後を継いで、昨年ISの現地組織「イスラム国コラサン」(ISIS-K)の指導者に就任した。

米軍の発表によると、ハシブ幹部は今年3月に首都カブールで起きた、軍の病院に対する襲撃事件を首謀したとみられている。また同幹部は、住民の高齢者の首を家族の目の前で切り落とすよう戦闘員に命じたほか、女性や子どもを誘拐し、戦闘員との結婚を強要していた疑いももたれている。

ISIS-Kは2015年ごろから活動を始め、政府軍や駐留米軍だけでなく反政府武装勢力タリバンとも戦闘を続けている。ISとの関係も維持しているとみられるが、ほぼ独立して活動していると考えられている。

米国とアフガニスタンの特殊部隊は今年3月以降、同組織に対する一連の軍事作戦を行ってきた。ドローン攻撃や空爆による支援を受けながら、パキスタンとの国境に接するナンガルハル州を中心に多数の戦闘員を殺害した。

同組織の壊滅を最優先事項に掲げる米軍は先月、非核兵器としては最強とされる「大規模爆風爆弾」(MOAB)を初めて実戦投入し、幹部4人を含む戦闘員94人を殺害した。

[カブール 7日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2017トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!

ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

世界経済は改善、地政学リスク残る=豪中銀総裁補

ワールド

米司法長官、移民の「聖域都市」批判強める 補助金停

ビジネス

正午のドルは111円半ば、FOMC前に一進一退

ビジネス

ユンケル欧州委員長の改革案、共通ビジョン構築促すべ

MAGAZINE

特集:対中外交の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 2

    中国とロシア、北朝鮮付近で海軍の合同軍事演習を開始

  • 3

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 4

    セレーナ・ゴメスに腎臓をあげた親友に考えられる健…

  • 5

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 6

    金正恩「北朝鮮は米国との軍事力で均衡を目指す」

  • 7

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 8

    北朝鮮を20年も放置した中国は責任を取るべき

  • 9

    米トイザラス、破産法適用申請 ウォルマートやアマ…

  • 10

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 1

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 2

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 3

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

  • 4

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 5

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 6

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 9

    自転車シェアリングが中国で成功し、日本で失敗する…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 6

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月