最新記事

航空会社

ユナイテッド航空だけじゃない、サイテーの航空会社

United Is Not the Worst Airline, Not by a Longshot

2017年4月18日(火)15時31分
グレッグ・プライス

乗客引きずり出し事件で評判を落としたユナイテッド航空 Louis Nastro-REUTERS

<オーバーブッキングのユナイテッド航空機で起きた乗客引きずり出し事件で明らかになった客に対する傲慢さ。だが、航空業界ではこのぐらい日常茶飯事>

鼻は骨折して血まみれ、歯は2本折れて脳震盪を起こした客の様子を映した動画が拡散――4月10日、飛行機から乗客のデイビッド・ダオを引きずり降ろした米ユナイテッド航空は、世界最低の航空会社として知られるようになってしまった。

【参考記事】オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引きずり出しの一部始終

同社は謝罪文を発表し、今後は搭乗済みの乗客は降ろさないと約束した。ところが4月15日、ユナイテッド航空を利用した婚約中のカップルが、力ずくではないにせよ、飛行機から降ろされたことがわかった。テキサス州ヒューストンからコスタリカに飛び結婚式を挙げようとしていたこのカップルが降ろされた理由は、自分たちが購入した座席よりグレードの高い座席に座っていたから。

【参考記事】ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

「機はガラガラだったのに」

カップルによれば、その便は半分ほどしか席が埋まっておらず、割り当てられていた席に戻ろうとしたのに飛行機を降りるように言われたという(ユナイテッド航空側は、カップルがクルーの指示に従わず何度もいい座席に座ろうとしたと言っている)。

こうした出来事が重なった結果、ユナイテッド航空の評判は地に落ち、嘲笑を浴びている。だが、最低の航空会社はユナイテッド航空だけではない。ぞっとするエピソードを紹介しよう。

■ジェットエアウェイズ

航空会社を選ぶ時に、必要最低限の設備として、空調を考慮することはあまりない。当然ついているものだからだ。

しかし、4月14日にインドのムンバイから中部ボパールに向かったジェットエアウェイズの場合は別だった。空調が故障し、一部から窒息するという抗議が出たため、出発直前になって離陸を中止せざるをえなくなった。ジェットエアウェイズは、ムンバイを拠点とするインドで2番目に大きい航空会社だ。

■スパイスジェット

インドの大手航空会社の1つ、スパイスジェットは4月16日、多くの乗客を震え上がらせた。着陸時に、パイロットが何の予告もなくタッチダウン直前で着陸を断念して再浮上したのだ。2回目で無事に着陸したものの、大きな揺れを感じた。機長からも他のクルーからも、何があったのか説明はなかった。

ニュース速報

ビジネス

米共和党、税制改革法案・最終案の概要発表 法人税2

ビジネス

米主要株価3指数が最高値更新、税制改革実現への期待

ワールド

北朝鮮、対話には兵器実験の持続的中止が必要 米国務

ワールド

EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 3

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 4

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 5

    日本の敗退後、中国式「作らない製造業」が世界を制…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 10

    宇宙国家アスガルディア、人工衛星の軌道投入成功を…

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 5

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月