最新記事

朝鮮半島

北朝鮮、「太陽節」軍事パレードで新型ミサイルを披露

2017年4月15日(土)21時56分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

15日北朝鮮はICBMとみられる新型ミサイルを公開した REUTERS/Damir Sagolj

<核実験をめぐり軍事的緊張が高まるなか、北朝鮮は15日、建国の父、金日成の生誕105年を祝う「太陽節」の日を迎えた。毎年この日に行われる軍事パレードで、金正恩は米国本土も攻撃可能なICBMと思われる新型ミサイルを登場させた>

北朝鮮は15日、平壌の金日成広場で行った歴代最大規模の軍事パレードで、これまで公開していなかった発射管に掲載された形のミサイル2基を公開した。

韓国メディア聯合ニュースによれば、閲兵式では新型ICBMのほか、過去に北朝鮮が公開したKN -08、KN -14など、米国を攻撃することができる能力をもつと推定される最大3種類のICBMが同時に登場した。これは先制攻撃を排除せず、北朝鮮を軍事的に圧迫しているトランプ政府に徹底抗戦するというメッセージを発信したものとみられる。

【参考記事】北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか


「太陽節」での軍事パレードのもよう  (c) YTN / YouTube

また、韓国メディアNEWS1は軍事専門家の分析として、発射管の長さと直径から、新型ミサイルである可能性が高いとみており、少なくとも5000㎞を飛行することができるものと推定していると伝えた。

自主国防ネットワーク代表のシン・インギュン氏は「今日新たに公開されたミサイルは外見だけ見れば、全長や全幅でいえば、試験発射に成功した北極星-2型よりもはるかに長い。少なくとも5000キロ以上の射程を保有したミサイルと推定される」とみる。

【参考記事】「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

北極星-2型は北朝鮮が今年2月12日に発射した固体燃料ベースの新型中距離ミサイル(IRBM)だ。北朝鮮が初めて地上で固体燃料を使って発射した新型ミサイルで、射程2000〜3000キロの中距離ミサイルと見られている。当時、韓国情報当局は北極星-2型ミサイルを、ICBMの初期開発段階だと分析した。

チャン・ヨングン航空大学教授は15日に公開された新型ミサイルについて「固体燃料をベースに北極星-2型をアップグレードした北極星-3型と見ることができる」と分析している。

チャン教授は「北極星-3型ということは、米国本土を打撃できるということを示すものだ。固体燃料をもとに、今日公開されたような長さと直径に増やすことは大変難しい技術が必要だ」とも語った。

ニュース速報

ビジネス

リコール費用分担、一部除きタカタと合意至っていない

ビジネス

タカタが民事再生法適用を申請、KSS・自動車各社が

ビジネス

緩和出口で複数意見、しっかり説明必要=6月日銀会合

ワールド

原油先物が上昇、ドル安で=アジア取引

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 3

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    イギリス高層住宅の外壁に可燃性素材 イングランド…

  • 6

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 7

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 8

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 1

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 2

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月