最新記事

北朝鮮

金正男の遺体は北朝鮮引き渡しへ 真相は迷宮入りとの見方も

2017年2月16日(木)18時58分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

金正男暗殺を伝えるニュースを見つめるソウルの市民 REUTERS

<マレーシアで起きた金正男暗殺事件は3人目の容疑者が逮捕されるなど、捜査が進みつつある。しかし北朝鮮以外の国籍の人物が容疑者としてあっさりと拘束されたことについて疑問の声も上がっている>

マレーシアのクアラルンプール空港で12日に発生した金正男暗殺事件は、16日に現地の警察が容疑者6人のうち3人を逮捕、捜査が進んでいるかに見える。しかし、当初予想された犯人像──高度に訓練された北朝鮮の工作員というとは異なり、ベトナム、インドネシアなどの第三国の国籍の人物が、短時間で捕まった。

韓国メディアのアジア経済によれば、実は捜査が真相究明できないまま迷宮入りするのではないかという懸念が出てきているという。

マレーシア警察当局は16日午前2時、金正男暗殺事件の容疑者としてインドネシアのパスポートを所持した女性1人を逮捕。さらに午後にはこの女性の交際相手とされるマレーシア人男性1人を逮捕した。警察は前日午前にクアラルンプール空港でベトナム国籍のパスポートを所持する29歳の女性1人も逮捕しており、これで正男暗殺事件関連で3人を逮捕したことになる。

マレーシア警察は、女性2人、男性4人の6人が今回の事件の容疑者とみて、残る3人の行方を追っている。またマレーシアの裁判所は2人の女性容疑者に対し7日間の拘留を命じた。

16日に逮捕された2人目の女性はインドネシアのセラン出身の「シティ・アイシャ」という名前のパスポートを所持していることが判明した。また、この日逮捕された男性が、今回の事件に関わったとされる4人組のうちの1人かどうかは確認されていない。

15日、最初に逮捕された女性はベトナム・ナムディン出身の29歳の「ドアン・ティ・フォン」と書かれたパスポートを所持していた。この女性は警察の取り調べに対し、「自分は女友達とマレーシア旅行に来て、同行の男性4人から『空港の乗客を相手にいたずらをしよう』と提案されてやった。相手が金正男だとは知らなかった」と供述したという。

ニュース速報

ワールド

米国務長官、難民の安全区域設定を表明

ワールド

中国、韓国との通商関係を重視 今後もWTO規則順守

ビジネス

ドルは111円半ば、実需筋の買い観測

ワールド

オバマケア代替案、米政権が共和党保守派の支持獲得に

MAGAZINE

特集:ミャンマー 語られざる民族浄化

2017-3・28号(3/21発売)

民主化したミャンマーで続く現代のホロコースト。虐殺され続けるロヒンギャになぜ世界は無関心なのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空中爆発か

  • 2

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目される理由

  • 3

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心ないんですかね

  • 4

    朴大統領失職後の韓国と蔓延する「誤った経済思想」

  • 5

    3秒ルールは「アリ」、食べ物によっては30分放置もOK

  • 6

    ブラジル産不衛生肉、中国やEUが輸入停止へ

  • 7

    日本政府、捜査対象のブラジル21工場から鶏肉輸入を…

  • 8

    太陽光だけで二酸化炭素をエネルギー資源に変換する…

  • 9

    北方領土の軍備強化に潜むアジア人蔑視の記憶

  • 10

    高齢ドライバーの問題を認知症患者に押しつける改正…

  • 1

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 2

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、英でバッシング

  • 3

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心ないんですかね

  • 4

    来日したティラーソン米国務長官、同行記者1人、影響…

  • 5

    「日本はWi-Fi後進国、外国人が困っている」に異議あ…

  • 6

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 7

    米中戦争の可能性は低くない──攻撃に強く守りに弱い…

  • 8

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかね…

  • 9

    朴大統領失職後の韓国と蔓延する「誤った経済思想」

  • 10

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 1

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 2

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 3

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 4

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 7

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 8

    ISISが中国にテロ予告

  • 9

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星…

  • 10

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月