最新記事

貿易

トランプ政権の通商会議トップ「過小評価のユーロでドイツが利得」

2017年2月1日(水)00時30分

1月31日、米通商会議トップは、ドイツは「過小評価が著しい」ユーロを利用し、有利な立場を得ているとの見解を示した。写真はユーロの看板。フランクフルトで2015年1月撮影(2017年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

 トランプ米大統領が新設した「国家通商会議」の責任者であるピーター・ナバロ氏は、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)に対し、ドイツは「過小評価が著しい」ユーロを利用することで米国や欧州連合(EU)の貿易相手国よりも有利な立場を得ている、との見解を示した。

 同氏はユーロについて「暗黙のドイツマルク」のような存在であり、過小評価されていることで、ドイツに主要貿易相手国に対する競争上の優位性を与えていると指摘した。

 米国とEUが合意を目指してきた環大西洋貿易投資協定(TTIP)について、ドイツが大きな障害となっているとの見解を示し、TTIP協議は終わったと述べた。

 ナバロ氏の発言が伝わると、ユーロ/ドルは0.5%高の1.0764ドルに上昇した。

 ナバロ氏は対中強硬派として知られ、米製造業の復興を目指すトランプ氏が国家通商会議をホワイトハウスに新設し、政権入りさせた経緯がある。

 トランプ氏自身も2週間前の米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)とのインタビューで、人民元に対するドル高が米国に大きな打撃を与えているとの見解を示していた。トランプ氏に続くナバロ氏の発言で、国際貿易の行方をめぐり一段と懸念が強まる可能性がある。

 一方、メルケル独首相は「ドイツは欧州中央銀行(ECB)に独立した金融政策運営を行うよう求めてきた」として、ナバロ氏の発言を退けた。その上で「ECBの行動に影響を及ぼすことはしない。状況を変えることはできないし、望んでもいない」とした。

 ドイツ財務省はコメントを控えた。

 みずほ(ロンドン)のヘッジファンド為替セールス責任者、ニール・ジョーンズ氏は「強いドル政策の時代は終わった」とし、「人民元に対するドル高をめぐる米国の懸念は、過小評価が著しいとのコメントでユーロ圏にも及んでいる」と話した。

[ロンドン/ストックホルム 31日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

米史上最大の減税、法人税15%に引き下げへ=財務長

ビジネス

焦点:主要生損保の資産運用、「模索の時代」 17年

ビジネス

新規資金は約1.6兆円、オープン外債と外国株増加=

ビジネス

中国、金融の安全性維持で対策必要━国家主席=新華社

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

    • 1

      25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

    • 2

      米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明までの経緯

    • 3

      ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

    • 4

      北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

    • 5

      「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

    • 6

      北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

    • 7

      北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

    • 8

      北朝鮮・シリアの化学兵器コネクション

    • 9

      ISISの終わりが見えた

    • 10

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 1

      25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

    • 2

      「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

    • 3

      ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

    • 4

      北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

    • 5

      米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

    • 6

      15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

    • 7

      北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

    • 8

      北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

    • 9

      ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

    • 10

      オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

    PICTURE POWER

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
    定期購読
    期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
    メールマガジン登録
    売り切れのないDigital版はこちら

    MOOK

    ニューズウィーク日本版 別冊

    0歳からの教育 知育諞

    絶賛発売中!

    STORIES ARCHIVE

    • 2017年4月
    • 2017年3月
    • 2017年2月
    • 2017年1月
    • 2016年12月
    • 2016年11月