最新記事

原油

ロシア極東の石油会社、地の利生かしアジア向け輸出拡大

ルーブル安も追い風となりロシアは原油供給国としてアジアでプレゼンスを高める

2016年3月21日(月)11時02分

3月17日、サハリン・エナジーはロシア極東に複数ある石油会社の1つだ。この地域の石油会社は成長著しいアジア市場でシェアを急速に拡大している。写真は精錬所で働く従業員。ロシアの都市、ウファで2013年4月撮影(2016年 ロイター/Sergei Karpukhin)

 ロシア・サハリン島に拠点を構える石油・ガス生産企業サハリン・エナジーのセールスチームは、ここのところアジア各地を飛び回っている。

 原油マーケティング部門ゼネラルマネジャーのアレクサンダー・ツァリョーフ氏は「今は既存顧客の訪問や新規顧客開拓のため、われわれは年に3回出かけている」と話す。「個人的なつながりが大切だ。特にこういった競争が激しい市場では。パートナーに対しては柔軟に、そして親しくしないといけない」という。

 サハリン・エナジーはロシア極東に複数ある石油会社の1つだ。この地域の石油会社は成長著しいアジア市場でシェアを急速に拡大している。

 北アジアに近接していることや通貨ルーブルが対ドルで下落していることを背景に、ロシアが原油供給国としてアジアでの存在感を高めている。中東の産油国が内部対立や米シェール業者との競争に見舞われていることもこうした傾向に拍車を掛けている。

 韓国最大の精製業者を保有するSKイノベーション<096770.KS>の広報担当者は「ロシア産原油は輸送時間の短さや価格の安さから、われわれにとって大変魅力的だ」と話す。

 中国、日本、韓国を合わせた原油輸入量は日量1200万バレルを超えており、世界最大の消費国である米国の輸入量の倍となっている。

 トムソン・ロイター・オイル・リサーチ&フォーキャスツのデータによると、ロシアの中国向け輸出は2013年以降で2倍強となっており、トップサプライヤーであるサウジアラビアと肩を並べている。両国とも昨年末までに、月間400万トン(日量約100万バレル)超を供給している。

「茶壺」の台頭

 ロシアは4900キロにおよぶ東シベリア太平洋(ESPO)石油パイプラインがある中国での躍進が目覚ましい。昨年のいくつかの月では、最大の輸出国の座をサウジから奪った。中国はまた、ドイツに代わって最大のロシア産原油輸入国となった。

ニュース速報

ビジネス

ECB量的緩和、完全に停止すべきではない=オースト

ビジネス

ドル下落、111円台前半 FOMC声明はハト派的と

ビジネス

米国株式市場は3指数が最高値、金融政策据え置き 好

ビジネス

米FOMC、金利据え置き バランスシート縮小「比較

MAGAZINE

特集:「イスラム国」の子供たち

2017-8・ 1号(7/25発売)

過激なイデオロギーに感化された子供たちや帰還兵によってより潜在化するテロ組織ISISの恐怖

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 2

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 3

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉えた初お辞儀

  • 4

    株価はいつ暴落するのか

  • 5

    「ジハードって楽しそうだ」ISIS崩壊後、洗脳された…

  • 6

    ジャスティン・ビーバー 外国で激怒された6つの御乱行

  • 7

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 8

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 9

    シングルペアレント世帯の貧困率が世界一高い日本

  • 10

    ヘンリー王子が語った母の死と英王室(前編)

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 3

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 4

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 5

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 6

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 7

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 8

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 9

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉…

  • 10

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 1

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由

  • 4

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 5

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 6

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 7

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 8

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 9

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 10

    北の最高指導者が暗殺されない理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月