最新記事

原油

ロシア極東の石油会社、地の利生かしアジア向け輸出拡大

ルーブル安も追い風となりロシアは原油供給国としてアジアでプレゼンスを高める

2016年3月21日(月)11時02分

3月17日、サハリン・エナジーはロシア極東に複数ある石油会社の1つだ。この地域の石油会社は成長著しいアジア市場でシェアを急速に拡大している。写真は精錬所で働く従業員。ロシアの都市、ウファで2013年4月撮影(2016年 ロイター/Sergei Karpukhin)

 ロシア・サハリン島に拠点を構える石油・ガス生産企業サハリン・エナジーのセールスチームは、ここのところアジア各地を飛び回っている。

 原油マーケティング部門ゼネラルマネジャーのアレクサンダー・ツァリョーフ氏は「今は既存顧客の訪問や新規顧客開拓のため、われわれは年に3回出かけている」と話す。「個人的なつながりが大切だ。特にこういった競争が激しい市場では。パートナーに対しては柔軟に、そして親しくしないといけない」という。

 サハリン・エナジーはロシア極東に複数ある石油会社の1つだ。この地域の石油会社は成長著しいアジア市場でシェアを急速に拡大している。

 北アジアに近接していることや通貨ルーブルが対ドルで下落していることを背景に、ロシアが原油供給国としてアジアでの存在感を高めている。中東の産油国が内部対立や米シェール業者との競争に見舞われていることもこうした傾向に拍車を掛けている。

 韓国最大の精製業者を保有するSKイノベーション<096770.KS>の広報担当者は「ロシア産原油は輸送時間の短さや価格の安さから、われわれにとって大変魅力的だ」と話す。

 中国、日本、韓国を合わせた原油輸入量は日量1200万バレルを超えており、世界最大の消費国である米国の輸入量の倍となっている。

 トムソン・ロイター・オイル・リサーチ&フォーキャスツのデータによると、ロシアの中国向け輸出は2013年以降で2倍強となっており、トップサプライヤーであるサウジアラビアと肩を並べている。両国とも昨年末までに、月間400万トン(日量約100万バレル)超を供給している。

「茶壺」の台頭

 ロシアは4900キロにおよぶ東シベリア太平洋(ESPO)石油パイプラインがある中国での躍進が目覚ましい。昨年のいくつかの月では、最大の輸出国の座をサウジから奪った。中国はまた、ドイツに代わって最大のロシア産原油輸入国となった。

ニュース速報

ビジネス

ECB債券買入によるユーロ押し下げ効果は限定的=独

ビジネス

必要なら、中国は世界のリーダーシップ取る=外務省国

ワールド

「一代限り」妥当性にじむ、恒久化に課題=生前退位で

ビジネス

三菱重、MRJ納入20年半ばに延期 安全性重視で設

MAGAZINE

特集:トランプ・ワールドの希望なき幕開け

2017-1・24号(1/17発売)

ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ──。「異次元の政治家」にできること、できないこと

人気ランキング

  • 1

    テレビに映らなかったトランプ大統領就任式

  • 2

    アパホテル書籍で言及された「通州事件」の歴史事実

  • 3

    トランプの妻メラニアが大変身、でも勝負服が裏目に

  • 4

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 5

    保護主義打ち出すトランプ大統領、日米関係は混迷の…

  • 6

    ドナルド・トランプ第45代米国大統領、就任演説全文…

  • 7

    トランプ就任演説、挑発的な姿勢はどこまで本物なの…

  • 8

    早くも市場で冷めつつあるトランプ熱 投資家は政策…

  • 9

    トランプの本心を身ぶり手ぶりで読み解く

  • 10

    トランプおよびその他ポピュリストたちの罪を深くし…

  • 1

    ドナルド・トランプ第45代米国大統領、就任演説全文(英語)

  • 2

    アパホテル書籍で言及された「通州事件」の歴史事実

  • 3

    テレビに映らなかったトランプ大統領就任式

  • 4

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 5

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 6

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジ…

  • 7

    日本はワースト4位、「経済民主主義指数」が示す格差…

  • 8

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 9

    北朝鮮外交官は月給8万円、「誰も声をかけてこない…

  • 10

    オバマ、記者団に別れ「まだ世界の終わりではない」

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き合うべきか?

  • 4

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 5

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    ドナルド・トランプ第45代米国大統領、就任演説全文…

  • 8

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 9

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

  • 10

    独身男性の「結婚相手は普通の子がいい」は大きな間…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月