最新記事

経済制裁

北朝鮮のシリア・エジプト武器コネクションが制裁対象に

アメリカが対北制裁を強化、新たな制裁対象には北朝鮮の兵器ビジネスを担う秘密警察・国家安全保衛部の要員2人が含まれている

2016年3月18日(金)16時49分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載

兵器ビジネスの得意先 武器を販売するなど、シリアとの関係は密接で、シリアのアサド大統領と金正恩第一書記は頻繁にエールを交換し合ってきたとされる(シリアのダマスカスに到着した北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長を迎えるアサド大統領、2002年) Sana-REUTERS

 オバマ米大統領は16日、北朝鮮への制裁を強化するため新たな大統領令を出した。1月6日の核実験や2月7日の事実上の長距離弾道ミサイル発射を受けたものだ。財務省はこれを受け、北朝鮮の2個人・15組織・船舶20隻を新たに制裁対象に指定した。

 中でも注目されるのは、個人として制裁指定された2人の人物の素性だ。いずれも秘密警察・国家安全保衛部の要員であり、それぞれの駐在国であるシリアとエジプトで、北朝鮮の武器取引を担う「朝鮮鉱業貿易開発会社(KOMID)」のビジネスに携わっているという。

 なぜ、彼らに対する制裁指定が重要なのか。理由はふたつある。ひとつは、シリアとエジプトが北朝鮮の兵器ビジネスの得意先であるため。もうひとつは、米国が北朝鮮に対する独自制裁で、「セカンダリーボイコット」(第三者制裁)条項を盛り込んでいるためだ。

 北朝鮮はかつて、エジプトとシリアに空軍を派遣。中東戦争でイスラエル軍と戦っており、その後も両国に様々な武器を販売してきた。とくにシリアとの関係は密接で、金正恩第一書記とアサド大統領は頻繁にエールを交換し合っている。

(参考記事:第4次中東戦争が勃発、北朝鮮空軍とイ スラエルF4戦闘機の死闘

(参考記事:北朝鮮の弾道ミサイル開発は空軍のエジプト派遣から始まった

 米国は昨年12月にも、シリアやロシア、ベトナムで活動する北朝鮮の銀行幹部を制裁に指定している。いずれも北朝鮮の友好国であり、これらの国が制裁の「抜け穴」になっているものと疑ったのかもしれない。

 しかし、このときと比べても、今回の新たな制裁指定は重要だ。

ニュース速報

ワールド

米軍、中露との競争が最優先事項 対テロから方針転換

ビジネス

米国株は消費関連株主導で反発、S&Pとナスダックは

ビジネス

景気「緩やかに回復」、総括判断7カ月ぶり上方修正=

ワールド

北朝鮮、平昌冬季五輪の開幕前日に軍事パレードの可能

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    フィンテックの台頭でお堅い銀行が様変わり

  • 3

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせた理由

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 6

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 7

    自ら考える部下の育て方は「日本一オーラのない監督…

  • 8

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    北朝鮮にらみ米空軍の戦略爆撃機3種がグアムに集結

  • 1

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 米カリフォルニアで

  • 4

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 5

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新…

  • 6

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 7

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 8

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカ…

  • 5

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 6

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 7

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 8

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 9

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

  • 10

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月