最新記事

東アジア

北朝鮮「新兵器」は中国製か

Is China Playing a Double Game?

平壌の軍事パレードで中国製の弾道ミサイル発射台が?
中国が二枚舌を使ってまで北朝鮮をひそかに支援する理由

2012年6月7日(木)12時53分
ジョエル・ウスナウ(プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン公共・国際関係大学院フェロー)

 もし事実だとすれば、由々しき事態だ。報道によると、北朝鮮が4月15日に平壌で行った軍事パレードで披露した兵器の中に、中国製の弾道ミサイル発射台車両が含まれていたという。

 報道が正しければ、中国は国連安保理決議に対する大胆な違反行為を行っていることになり、北東アジアの核拡散防止を目指す取り組みにおける中国の信頼性が大きく損なわれる。一方アメリカ政府は、北朝鮮に対する影響力は限られている、と言い続けてきた中国の主張を突き崩すチャンスを手にする。

 専門家によると、問題の弾道ミサイル発射台は中国人民解放軍が10〜11年に製造したものと酷似しているという。この発射台で発射可能なICBM(大陸間弾道ミサイル)の射程は6000キロ。つまり、アメリカのアラスカ州が射程圏内に入る。

 平壌の軍事パレードに登場したミサイル発射台は、おそらく中国で製造されたか、中国から設計図の提供を受けて製造されたものらしい。事実関係の検証はまだできていないが、「すべての部品は中国から輸入されたもの」だと、韓国政府当局者は述べたという。

 もし、この1、2年間に人民解放軍が何らかの形で北朝鮮に弾道ミサイル発射台の技術を提供していたとすれば、中国は国連安保理決議に違反したことになる。

 国連安保理は、北朝鮮が06年に初めて核実験を行った際に、北朝鮮へのミサイル関連物資の提供禁止などを盛り込んだ制裁決議「安保理決議1718」を採択。09年に北朝鮮が再び核実験を行うと、「安保理決議1874」を採択し、制裁を強化した。

中国軍の暴走ではない?

 中国がこのような決議違反を行ったとすれば、ほぼ前例がないことだ。対北朝鮮制裁の実施を担当する米国務省当局者によれば、中国当局は中朝国境の密貿易取り締まりに関して「最低限」のことしかしていないが、政府自体がこれほど露骨で大々的な安保理決議違反を行った事例は、これまで確認されていないという。

 そもそも中国政府には、安保理決議に違反したくない強い理由がある。「責任ある大国」という評判を築く上で大きな障害になるし、東アジアの地域紛争を抑え込み、地域の安定を保つという基本的な国益を実現するための仕組みが損なわれかねないからだ。

 では、どうして今回のような事態が起きたのか。北朝鮮が公開情報を基に中国製のミサイル発射台をコピーしたのでない限り、可能性は2つだ。

 1つは、軍が暴走して文民の高官の同意なしに行動した可能性。確かに、07年に人工衛星破壊実験を行ったときも、昨年にロバート・ゲーツ米国防長官の訪中時にステルス戦闘機の試験飛行を行ったときも、指導部は事前に知らされていなかったという。

 今回もタイミングは奇妙だ。4月13日に北朝鮮が試みた長距離弾道ミサイル(北朝鮮は「人工衛星」と称している)の発射実験を厳しく非難し、追加制裁の可能性も示唆した国連安保理決議に中国が同意するなかで、平壌の軍事パレードに中国製らしき弾道ミサイル発射台が登場したのだから。

ニュース速報

ワールド

焦点:試されるOPEC価格維持の「本気度」

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

ビジネス

EU、公正な通商で米中に強硬姿勢を示唆 相互性重要

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 3

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 4

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にし…

  • 5

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 6

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 7

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 10

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月