最新記事

サッカー

W杯で負けた北朝鮮女子の呆れた言い訳

North Korea's Best Excuse Ever

女子W杯第一戦でアメリカに負けたのは「選手が雷に打たれたから」と強弁する悪い癖

2011年6月29日(水)15時03分
エミリー・ロディッシュ

 北朝鮮の女子サッカーチームがアメリカに負けた。その言い訳がふるっている。選手が雷に打たれたのだという。これまで北朝鮮がでっち上げてきた口実のなかでも最高の部類ではないだろうか。

 昨日、女子ワールドカップ・ドイツ大会の1次リーグ第1戦で、アメリカが北朝鮮を2-0で下した。アメリカは優勝候補だから順当な結果だし、スポーツに詳しい人から見ればまずまずの試合内容だったことは間違いない。

 それでも、試合後に行われた会見で北朝鮮の金光民(キム・グァンミン)監督は、北朝鮮チームのプレーがいまひとつだったのは「5人以上」の選手が落雷に打たれて怪我をしたせいだと説明した。

 言っておくが、試合中にではない。そんなことがあれば、誰かが気付いているはず。落雷があったのは3週間前だという。

 スポーツ情報サイト「デッドスピン」はこう書いている。


「6月8日に落雷に遭った」と金は語った。「5人以上」が入院し、「ゴールキーパーとストライカー4人が最も重傷で、MFも数人怪我をした」という。当然ながら選手たちは万全の状態でなかったため、今日の試合は「作戦通りにはいかなかった」と金は続けた。


 もっとも、サッカーチームが雷に打たれるのはありえない話ではない。98年にはコンゴ民主共和国での試合中に雷が落ち、コンゴチームの11人全員が死亡するという痛ましい事件も発生あった。

 それが今回は北朝鮮の女子チームに落ちたというだけの話。何となく都合の良すぎる話だが。

ニュース速報

ビジネス

FRBトップにパウエル・テイラー両氏、トランプ氏が

ビジネス

神鋼に外部調査委設置指示、経産省「信頼性根本から損

ビジネス

神戸製鋼、不正発覚を隠蔽 数社からコスト負担請求も

ワールド

スペイン政府、カタルーニャ州で1月に選挙実施方針=

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 2

    「新時代の中国」は世界の人権を踏みにじる

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    トランプの強気が招く偶発的核戦争

  • 5

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 6

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    北朝鮮、オーストラリア議会などに書簡「米国からの…

  • 9

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 10

    ケリー首席補佐官が初会見で語った、北朝鮮とトランプ

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 3

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 4

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 7

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 8

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 9

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 10

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月