最新記事

企業

グーグルCEOは「いい人」すぎた?

The Nicest Guy in Tech

2011年1月24日(月)19時12分
ファーハッド・マンジョー

 もっとも、アップル対グーグルの「戦争」で面白いのは、戦意がちぐはぐなところ。ジョブズは社員に対して「グーグルはiPhoneを抹殺しようとしているが、そうはさせない」とはっぱをかけていた。さらに「悪魔に身を落とすな」というグーグルのスローガンを「戯言」だと切り捨てた。

 一方、グーグル側から聞こえてくるのは、アップルを友好的なライバルとみなす発言がほとんどだ。その理由は、グーグルのほうがより長期的で壮大なゲームに挑んでいるから。シュミットは、単に携帯電話市場にとどまらない野心的な目標を持っていた。

 シュミットはそうした大きなビジョンを隠そうとしなかった。彼が何かを語るとき、その姿はビジネスマンというより大学教授のようだった。アメリカ経済が未曾有の危機に陥り、議会が7000億ドル相当の救済計画を可決しようとしていた08年10月にも、シュミットはグーグルの再生可能エネルギーへの移行計画をアピールし、「あらゆる問題を一気に解決できる」と訴えていた。経済危機で自社の収益が減ることなど眼中にない様子だった。

オープンソースへの揺るがない信念

 他社のトップらと一線を画すシュミットの個性は、そのままグーグルの個性を形作ってきた。高い技術とオープンソースが勝つという彼の信念は揺らぐことがなかった。

 アップル製品は人気が高いが、グーグル側に言わせればアップストアでしかアプリを購入できないシステムや、iPhoneやiPadのインターフェイスを隅々まで管理しようとするアップルの手法は、長期的に持続できるビジネスモデルではない。

 もっとも、アップルのような囲い込み商法の未来は、グーグルが言うほど暗くないのかもしれない。一定の制約を受けることで安全と便利さを手に入れられる現状を消費者は歓迎しており、たとえiPhoneが永久にオープンソースにならなかったとしても、アップルが勝ち続ける可能性はある。

 IT界のライバル企業は、アップルが課す制約に激しい対抗手段を取ってきた。アマゾン・ドットコムは出版社に対して、iPadに電子書籍を配信しないよう強い圧力をかけた。

 しかしグーグルはiPhoneやiPad、マックの標準ブラウザ「サファリ」での自社サービスの使用を制限するとは思えない。そうした戦略は不安の表れであり、自分たちは自信に満ちている----グーグル陣営はそう考えているようだ。

 シュミットは、グーグルの優秀な社員たちならアップルから飛んでくる障害物を乗り越えられると信じてきた。さらにCEO退任が発表された際には、「ラリー・ページが率いる次の10年は、さらに素晴らしい時代になると確信している」とコメントした。

 シュミットはどこまでも「いい人」であり、同時にジョブズに劣らず優れた経営者だった。

Slate.com特約

ニュース速報

ビジネス

金融庁、監査報告の長文化を検討へ 投資家への情報提

ビジネス

タカタが民事再生法申請、負債総額1.7兆円 会長は

ビジネス

日本マクドナルド、都内33店舗で「UberEATS

ワールド

北アイルランドのDUP党首、閣外協力で首相と26日

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 5

    イギリス高層住宅の外壁に可燃性素材 イングランド…

  • 6

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 7

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 8

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 9

    ブレグジット大惨事の回避策

  • 10

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 1

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 2

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月