最新記事

米中間選挙

オバマが土壇場で息を吹き返した?

民主党惨敗ムードが強まるなか、最新世論調査でオバマの支持率がまさかの急上昇

2010年10月25日(月)19時13分
デービッド・グレアム

勝負はこれから オバマ率いる民主党は大敗するというのが大方の予測だが(10月10日、フィラデルフィアの選挙集会で) Jim Young-Reuters

 民主党が惨敗すると決めて掛かるのは、大きな間違いかもしれない。アメリカ中間選挙まで1週間あまり。バラク・オバマ大統領が率いる民主党が大敗を喫するというのが大方の予測だが、最新の本誌世論調査によれば、民主党は共和党と接戦状態にあり、オバマの支持率もここに来てまさかの急上昇を見せている。

 10月20、21日に実施した世論調査によると、登録有権者のうちで民主党候補に投票する可能性が高いと答えた人は48%。一方で、共和党候補に投票する可能性が高いと答えた人は42%だった。

 さらに、9月後半の調査で48%だったオバマの支持率は54%に上昇。不支持率は今年2月以来最低の40%まで下落した。

 ただし、世論の風向きが大きく変わったとは言い切れない。94年の中間選挙では、今回のオバマと同じように、9月後半からの1カ月で当時のビル・クリントン大統領の支持率が本誌世論調査で急上昇したが、11月の選挙では民主党が大敗した。

 それでも、民主党と共和党の支持層の間の「選挙熱のギャップ」が小さくなってきたとは言えそうだ。今回の世論調査で、中間選挙に関心があると答えた人の割合は、共和党支持者の間では69%、民主党支持者の間では62%。民主党支持層の中で実際に投票所に足を運ぶ人の割合は、共和党支持層より低くなるという予測が多いが、その差は一般に言われているほど大きくないかもしれない。

 どちらの党に議会の多数党になってほしいとかという点では、有権者の態度が二分されたが、48%対43%で民主党がわずかにリードしている(この世論調査の誤差率は±4.3%)。

期日前投票は民主党がリード

 今回の世論調査結果を見る限り、期日前投票を行う有権者の支持獲得を狙う民主党の戦略は、功を奏しているのかもしれない。既に投票を済ませた有権者に投票結果を尋ねたところ、52%対42%で民主党が10ポイント優位に立っている(ただしサンプル数が極めて少ないので、断定的な結論は下せない)。期日前投票の比重は年々高まっており、今回の中間選挙では10人中3人が期日前に投票を行うと予測されている。

 この世論調査を実施したプリンストン・サーベイ・リサーチ・アソシエーツのラリー・ヒューギック会長の見るところ、中間選挙での共和党の優位はおそらく揺らがないが、最新の調査結果によれば、一部で言われているほど地滑り的な勝利にはなりそうにないという。「共和党が議席を伸ばすのは間違いないが、どの程度になるかは分からない」

 草の根保守派連合の「ティーパーティー」について、世論調査にはどういう結果が表れているのか。中間選挙に投票するつもりだと答えた人のうちで、ティーパーティーを支持する人は24%、反対の人は27%。

 具体的な争点について見ると、ティーパーティー支持者の81%は政府による金融機関の救済に不支持と回答。90%は医療保険改革に反対で、85%は政府の景気刺激策が経済に悪影響を及ぼしていると考えている。回答者全体では、金融機関救済を支持しない人こそ3分の2に達したが、医療保険改革と景気刺激策への賛否はほぼ拮抗している。

有権者はやはり経済を最重視

 9月の本誌世論調査と同様、アフガニスタン戦争、医療保険、税制、失業対策など、実にさまざまなテーマに関して、有権者は共和党より民主党を評価している。一方、移民政策と財政赤字対策では共和党の評価が高い。

 ほとんどの有権者が経済を重視しているのは予想どおり。どの候補者に投票するかを決める上で経済政策を最重視すると答えた人は、62%に達した。2番目に重視されているのは医療保険制度改革だったが、この争点を最重視すると答えた人は約4分の1にとどまっている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:水のボトル6本で2000円、カナダ極北部

ビジネス

中国新規融資、7月は6790億元に急減 コロナや不

ワールド

ウクライナ「デフォルト状態」、S&Pとフィッチが格

ワールド

北朝鮮、マスク着用や距離確保の規制解除 「コロナ勝

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 5

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月