最新記事

カルチャー

下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レヴィーンの「お相手」たち

Adam Levine History With Other Victoria's Secret Models Analyzed Amid Texts

2022年9月25日(日)16時44分
ライアン・スミス
レヴィーンと妻プリンスルー

レヴィーンと妻のプリンスルー(2015年1月) Mario Anzuoni-Reuters

<モデル妻が妊娠中にモデルと不倫したと騒動になっている「マルーン5」のレヴィーンだが、過去に噂になったお相手たちもモデルばかり>

不倫騒動の渦中にある米人気バンド「マルーン5」のフロントマン、アダム・レヴィーンが声明を発表し、「一線を超えた」とは言いつつも不倫関係を否定した。レヴィーンの妻ベハティ・プリンスルーは、米大手ランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」の元モデルだが、今回の騒動をきっかけにレヴィーンの派手な過去の女性遍歴も話題となっている。

■【動画】モデル、モデル、またモデル...レヴィーンの過去と現在の「お相手」たち

インスタグラムで人気を博するモデル兼インフルエンサーのサムナー・ストローが、レヴィーンと1年にわたって不倫関係にあったと主張する動画をTikTokに投稿したのは9月19日のこと。レヴィーンからだとする複数のメッセージのスクリーンショットを公開した。

メッセージの中には、レヴィーンが、生まれてくる子供にストローの名前を付けてもよいかと尋ねているものもある。

これを受けてレヴィーンは20日、声明を発表し、コミュニケーションにおいて「一線を越えた」ことを認めたが、不倫については否定した。

「いま私について多くのことが言われているが、誤解を解きたい。妻以外の人と浮ついた態度で話したのは誤った判断だった」とレヴィーンは説明。「不倫はしていないが、人生の悔やまれる時期に一線を越えてしまった。それが不適切な場合もあった。それについて対処し、家族と共に、改善するための措置を講じている」と述べた。

ロシア出身、ナミビア出身、デンマーク出身

この声明が発表された数時間後、ポッドキャスト番組「シェイムレス」の一部がTikTokで公開され、レヴィーンが2014年のプリンスルーとの結婚前に、ヴィクトリアズ・シークレットの別のモデル2人と交際していたことが伝えられた。

2010年初め、レヴィーンはロシア出身のモデル、アン・ヴィアリツィナ(「アン・V」の名でも活動)と交際をスタート。2011年11月にヴィクトリアズ・シークレットのファッションショーに出演した際には、ヴィアリツィナの手を握って一緒にランウェイを歩き、彼女の頬にキスをしたと、シェイムレスは指摘している。

その数カ月後にヴィアリツィナとの関係が終わると、レヴィーンは直後の2012年5月には、ナミビア出身のプリンスルーと交際を開始した。

時期は定かではないが、プリンスルーはレヴィーンと別れたことを2013年5月頃に公表。その後、レヴィーンはデンマーク出身のモデルでスポーツ・イラストレイテッド誌でも活躍するニーナ・アグダルと交際していると報じられた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

韓国と中国、外交・安保対話開始へ 3カ国首脳会合前

ワールド

岸田首相、日本産食品の輸入規制撤廃求める 日中首脳

ワールド

台湾の頼総統、中国軍事演習終了後にあらためて相互理

ビジネス

ロシア事業手掛ける欧州の銀行は多くのリスクに直面=
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 3

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 7

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 8

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中