コラム

組織心理学の若き権威、アダム・グラントに聞く「成功」の知恵

2022年06月11日(土)13時26分

世界で最も 権威あるビジネス思想家ランキン グ「THINKERS 50」の1人に選 ばれたアダム・グラント PHOTOGRAPH BY PASI SALMINEN

<思い込みや既存の慣行に縛られず臨機応変に対応するために必要な「再考」のテクニックとは>

アダム・グラントが現代アメリカのプラトンとされるのには一理ある。ほぼ毎年、全米一のビジネススクールの最高の教師と評され、若い頃から興味深く先駆的な研究論文を世に送り出してきた。10年以上前に20代の若さで既に生涯特別功労賞に値するような卓越した業績を挙げていた。

学術面でハリウッド映画の脚本のように成功遂げている一方で、全く異なる分野でも活躍を見せている。世界中の有力紙で見識を披露しニューヨーク・タイムズのベストセラーリスト入りの常連であるほか、学術的なアイデアや一般向けのアイデアを量産しているイメージがある上、ビジネスコンサルタントとしても引っ張りだこ。NBAからゲイツ財団やグーグルまで名だたる一流の企業や組織がこぞってグラントのアドバイスを求める。リンクトインにおけるグラントのフォロワーは今年末までに500万人を超えることは間違いないだろう。

組織心理学者であるグラントの最新作『THINK AGAIN 発想を変える、思い込みを手放す』は分裂し対立する世界に不可欠な、彼の現実離れした成功の理由も分かる一冊だ。

その中でグラントは、どうすればパフォーマンスを向上し予測向上につながるか、より賢明な決断をしたり、自分の立場に固執する人々を説得したりできるか、具体的かつ正確に、タイムリーなリサーチやエピソードや助言を提供する。

『THINK AGAIN』も前作までと同様ベストセラーに。その刊行に合わせた記事で、グラントはモチベーショナル・インタビューという説得法を紹介。新型コロナのワクチン接種を受けたがらない友人や家族を説得する方法について、彼らしいユーモアと素晴らしい解説で、ハリー・ポッターへの言及も交えて説明している。

例えば、おじさんが「名前を言ってはいけないあの人」を支持するのをやめさせるにはどうすればいいか、という具合だ。4月18日には邦訳版も刊行。『THINK AGAIN』をより理解するにはどうすればいいか。

8年近く前にグラントと初めて会って以来、彼の著書を追い掛け、自身もモチベーショナル・インタビューを外交の授業で実践している米ジョージタウン大学教授のサム・ポトリッキオが、話を聞いた。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ノルドストリーム損傷、破壊工作の疑い強まる=スウェ

ビジネス

VW、中国でソフトウエアの合弁計画 10億ユーロ投

ワールド

インドネシアのサッカー暴動、警察官ら6人を刑事訴追

ビジネス

8月実質賃金1.7%低下、物価上昇で5カ月連続マイ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ウクライナの「投降ホットライン」がロシア兵の命綱に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 4

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 5

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 6

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 7

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 10

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 1

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    ウクライナの「投降ホットライン」がロシア兵の命綱に

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    ロシア軍の兵舎の様子は「イカゲーム」そっくりの悲…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中