最新記事
シリーズ日本再発見

ポイ捨て最多の渋谷に現れた「ゲーム×喫煙所」の真の目的

2022年06月03日(金)14時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
渋谷

写真提供:コソド

<渋谷のセンター街。路上喫煙禁止のある通りに、5月21日から土日限定で「投票型喫煙所」が設置されている。「投票型」とは何なのか。何のために作られたのか>

東京・渋谷――。

渋谷駅方面からセンター街を2~3分歩くと、左手に、小さな通りの入り口が現れる。その通りはわずか15メートルほどで突き当たりとなるが、そこを右に直角に折れると、15メートルほど先でまた別の通りに抜けられる。

この狭いL字型の一角が「宇田川クランクストリート」だ。死角が多く、かつてはたばこの吸い殻やごみが散乱し、犯罪行為やけんかも頻繁にあるなど、荒んだ通りとして怖がられたという。

現在は商店街組織を中心に清掃やパトロールを行っており、「再生」に向けた努力が進む。路上喫煙は禁止されているエリアだが、そんなわけで、たばこを吸う人が絶えないという実態があった。

5月21日から土日限定で、この「宇田川クランクストリート」に「投票型喫煙所」が設置された(設置時間は12~21時)。手掛けたのは、コソド。心地よい分煙の実現を目指す喫煙所ブランド「THE TOBACCO」を運営し、喫煙所のコンサルティング事業なども手掛けるスタートアップだ。

「投票型喫煙所」とは何だろう。土曜日の午後、「宇田川クランクストリート」に向かうと、それは通りの突き当たりにあった。

japan202206-shibuya2.jpg

カラフルな「投票型灰皿」は宇田川クランクストリートの入り口から見ても目立つ。「あれは何だろう」と気になって奥まで入って行く人も多そうだ 撮影:Newsweek Japan

お世辞にも綺麗な場所とは言えないが、カラフルな5台の「投票型灰皿」が通りの入り口からでも見え、灰色の風景の中で異彩を放っている。2方向の入り口の両方に、「ポイ捨て投票所」と書かれた案内板も設置されていた。

通りに入り、突き当たりへ。

「あなたが手に入れたいのは、どっちですか?
 ―― A. 永遠の愛、そして一文なし/B. 一攫千金、そして永遠の孤独」
「これから住むなら、どっちがいいですか?
 ―― A. 通勤3分のアパート/B. 通勤3時間の豪邸」

1台1台の「灰皿」にそれぞれ、究極の二択が書かれ、2つに分かれた灰皿のどちらかに「投票」する仕組みになっている。たばこをポイ捨てせず、ゲーム感覚で楽しみながら、能動的に、吸い殻を灰皿に捨てたくなるよう促しているわけだ。

japan202206-shibuya-3.jpg

「多くの人に面白がってもらえた。『捨てる』ではなく『参加する』気分になったという声ももらった」と、コソドの山下氏 写真提供:コソド

「渋谷に来る人たちはみんなこの場所に吸いに来るの、(これを作った人は)なんで知ってたんだろうね」と、そこにいたカップルの女性が独り言のように言った。男性はたばこを1本吸い終えると、「投票」をして、ふたりは出て行った。

後日、取材時のそんな目撃談を伝えると、コソドの代表取締役、山下悟郎氏は「それは知ってますよ。何度かあそこでごみ拾いをやりましたから」と笑った。

コソドはなぜ、この場所にこんなユニークな喫煙所を作ったのだろうか。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

EUの対中関税は「罰」ではない=独経済相

ワールド

中銀総裁が交代すればブラジルは「正常に戻る」=ルラ

ビジネス

米、対中ハイテク投資規制案を公表 AIなど 国家安

ビジネス

アングル:香港へ向かう中国富裕層マネー、制度緩和で
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 2

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

  • 3

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪華ドレスと「不釣り合い」な足元が話題に

  • 4

    電気自動車「過剰生産」で対立するG7と中国──その影…

  • 5

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 6

    都知事選、蓮舫候補の「二重国籍」問題の事実関係を…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 9

    北朝鮮を訪問したプーチン、金正恩の隣で「ものすご…

  • 10

    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由

  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…

  • 9

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中