Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2024.2.27号(2/20発売)

特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日

2024年2月27日号(2/20発売)

Cover Story

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

ウクライナ戦争 元CIAが読む、3年目の主戦場
分析 ウクライナ支援の打ち切りは悪夢の始まり
視点 戦争の狂気と絶望がシベリアに広がる
写真ルポ 戦禍の日常に見た闇と光
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

「カワイイ新大統領」の黒い過去

インドネシア  当選したプラボウォ新大統領の残虐な素顔と謎の本音

勝ち組・白人男性を包摂せよ

多様性 独善的かつ不公平な支配者の白人男性も実は大半が孤独
【Periscope】
RUSSIA プーチンに嫌われた「愛国者」ナワリヌイの死
UNITED STATES 揶揄したトランプにヘイリー夫が猛反撃
UKRAINE ロシアと戦うウクライナの新戦場はスーダン
GO FIGURE 中国の軍事費も世界の軍事費も増大中
【Commentary】
災害 巨大地震で日本を終わらせないために ── 河東哲夫
中国 習の多すぎるあだ名が告げる未来 ── 練乙錚
欧州 トランプ再選から目をそらすな ── フィリップ・ルグラン
風刺画で読み解く「超大国」の現実 「不信の国」のお粗末な防災意識 ── ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 USスチール買収と日本の「身勝手」 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える すぐ下着姿になる息子たちが心配
【World Affairs】
韓国 与党も野党もはまるスキャンダル沼
ガザ戦争 水面下で描かれる和平のシナリオ
【Features】
米政治 「テキサス独立」よ再び
【Life/Style】
Drama 巨匠コンビの「第2次大戦もの」再び
Art 前衛芸術の大御所がスピ系コスメを売る思惑
Sports ヘルメットが守るのは頭じゃない
Music ビートルズの伝説が始まった時
Television 魅力的な主人公を続けて演じる幸せ
AI 女性を標的にするディープフェイクの闇
My Turn 支援を通じて知ったウクライナ難民の苦悩
【Departments】
Perspectives
In Focus
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye ミス日本の辞退とマスコミの責任 ── 西村カリン
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 6

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 10

    紅麴サプリ問題を「規制緩和」のせいにする大間違い.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中