ニュース速報

ワールド

第2四半期のフィリピンGDP、前年比+7.4%に鈍化 予想下回る

2022年08月09日(火)15時05分

フィリピン統計局が9日発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)は前年比7.4%増加し、伸び率は前期の8.2%から鈍化した。パシグ市、6月撮影(2022年 ロイター/Adrian Portugal)

[マニラ 9日 ロイター] - フィリピン統計局が9日発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)は前年比7.4%増加し、伸び率は前期の8.2%から鈍化した。高インフレが個人消費を圧迫した。

伸び率はロイター調査のエコノミスト予想(8.6%)を下回った。

前期比(季節調整済み)では0.1%縮小した。

国家経済開発庁(NEDA)のバリサカン長官は、過去3四半期で最も低い成長率だが、アジアでは2番目に高い伸びだったと指摘した。建設業と個人消費などが押し上げたと説明した。

景気回復は引き続き堅調だとし、第2・四半期の実績は6.5─7.5%の今年の成長率目標に合致していると述べた。

その上で、中銀の追加利上げに対応可能だと語った。

第2・四半期の減速要因として、投入コスト高を背景に農業生産が低迷したことや製造業の成長鈍化を上げた。

リサール商業銀行のエコノミストは、第2・四半期の成長率は「まずまずだ」と述べ、新型コロナウイルス禍後の経済活動再開に向けた措置が成長を押し上げたと説明した。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

EU、ウクライナ兵士最大1.5万人訓練へ=独誌

ビジネス

英中銀、3日の国債買い入れ額は2210万ポンドにと

ビジネス

英財務相、所得税最高税率引き下げ案を撤回 政権に打

ワールド

拘束のザポロジエ原発所長が解放=IAEA事務局長

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング