ニュース速報

ワールド

米FBI、トランプ前米大統領宅を家宅捜索 公文書持ち出し巡り

2022年08月09日(火)17時54分

 トランプ前米大統領は8月8日、フロリダ州パームビーチにある自身の邸宅「マールアラーゴ」が連邦捜査局(FBI)の家宅捜索を受けたと発表した。マールアラーゴで2021年2月撮影(2022年 ロイター/Marco Bello)

[パームビーチ(米フロリダ州) 8日 ロイター] - トランプ前米大統領は8日、フロリダ州パームビーチにある自身の邸宅「マールアラーゴ」が連邦捜査局(FBI)の家宅捜索を受けたと発表した。

トランプ氏の息子であるエリック・トランプ氏はFOXニュースに、今回の捜索はトランプ氏がホワイトハウスから持ち出した書類に関するものだと説明した。トランプ氏はこの件に関して何カ月も国立公文書館に協力してきたと述べた。

また、この問題に詳しい関係者もロイターに対し、トランプ氏がホワイトハウスから機密記録を持ち出したことに関連して捜索が行われたようだと話した。

米司法省は家宅捜索についてコメントを控えた。FBIもコメントを控えている。

トランプ氏は声明で「(マールアラーゴは)現在、包囲され、捜索され、占拠されている」と述べた。家宅捜索が行われた理由については言及しなかった。

「関連する政府機関と協力しており、この抜き打ちの家宅捜索は必要でも適切でもなかった」と述べた。

CNNは、家宅捜索の際にトランプ氏は不在だったとし、FBIが捜索令状を執行して敷地内に入ったと報じた。

エリック氏の妻、ララ・トランプ氏はFOXニュースに対し、トランプ氏は新聞や雑誌の切り抜き、写真、個人的に所有することが認められた書類などを保存しておくのか好きだったと述べ、同氏がホワイトハウスから持ち出したのは法的に許可されたものだけと主張した。

またトランプ氏が「疑問を抱く人々にあらゆる段階で協力している」とも述べた。

*動画を付けて再送します。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

EU、ウクライナ兵士最大1.5万人訓練へ=独誌

ビジネス

英中銀、3日の国債買い入れ額は2210万ポンドにと

ビジネス

英財務相、所得税最高税率引き下げ案を撤回 政権に打

ワールド

拘束のザポロジエ原発所長が解放=IAEA事務局長

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング