ニュース速報

ワールド

ブリュッセル同時爆発攻撃で30人死亡、「イスラム国」犯行声明

2016年03月23日(水)10時28分

 3月22日、ベルギーの首都ブリュッセルの空港と地下鉄で22日午前、同時爆発攻撃が発生し、少なくとも30人が死亡した。写真は爆発のあったブリュッセルの空港に集まる救急車両(2016年 ロイター/Francois Lenoir)

[ブリュッセル 22日 ロイター] - ベルギーの首都ブリュッセルの空港と地下鉄で22日午前、同時爆発攻撃が発生し、少なくとも30人が死亡した。攻撃後に過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を発表。ベルギーの交通機関は一時全面運休となり、欧州各国で警戒態勢が引き上げられた。警察当局は容疑者2人が空港で自爆攻撃を行ったとの見方を示した上で、逃走したもう1人の容疑者の行方を追っている。

ベルギーでは前週、昨年11月のパリ同時攻撃の実行犯として国際手配されていたサラ・アブデスラム容疑者(26)が拘束されたばかり。ベルギー当局は関連性についてほぼコメントを控えている。複数の米当局者は、同容疑者の拘束が今回の攻撃の引き金となった可能性があるとしたものの、それ以前から準備されていた形跡が組織レベルからうかがえるとした。

目撃者によると、ザベンテム国際空港の出発ロビーで、人ごみのなか爆発が2回起きた。爆発はチェックインカウンター付近で発生し、爆発直前に何者かがアラビア語で叫び、銃声も聞こえたという。当局によると、その後3個目の爆弾が発見され処理された。死者はこれまでに最低10人、負傷者は100人前後とみられる。空港は翌23日も閉鎖される予定。

ある目撃者は最初の爆発後「空港のガラス天井が割れた。その後死者5人を運ぶのを手伝ったが、足は砕かれていた」と話した。空港の映像からは、天井タイルやガラスが床に散乱し、血まみれの遺体が横たわっている状況が確認された。

欧州連合(EU)の関連機関に近い地下鉄マルベーク駅では、朝のラッシュアワーのなか同駅を出発した列車が爆発した。当局によると死者は20人、負傷者は約130人。テレビ映像では、プラットフォーム内の列車のドアや窓が吹き飛び、車両は変形し、内部は焼け落ちた様子が確認された。ユーロスターはロンドン・ブリュッセル間が運休となり、英首相報道官は必要ない場合はブリュッセルへの旅行を控えるよう市民に呼びかけた。

こうしたなか過激派組織「イスラム国」は犯行声明を発表。「イスラム国に対する攻撃への代償として、十字軍同盟は暗黒の日々を迎えることを思い知らせる」と述べた。

ベルギーのミシェル首相は「恐れていたことが現実に起きてしまった。目に見えない、凶暴かつ卑劣な攻撃がわが国を襲った」と発言。フランスのバルス首相は「われわれは戦争状態にある。欧州は過去数カ月間、戦争行為にさらされている」と述べた。このほかキューバを訪問中のオバマ米大統領は「国籍や人種、宗教を超えてテロリズムに対抗するために連携しなくてはならない」とし、各国と連携して安全を脅かす勢力に対抗していくとの決意を示した。

デルタ航空やユナイテッド航空、アメリカン航空(AA)など米航空各社は22日、ブリュッセル発着便を欠航とした。米ホテルチェーン大手、スターウッド・ホテルズ&リゾーツ・ワールドワイドはブリュッセルで営業するすべてのホテルを封鎖した。また、米インターネット交流サイト(SNS)大手フェイスブックは、爆発発生地域にいる友人の安否をユーザーが確認できる機能を始めたとした。

爆発攻撃を受け、欧州株は軟調。航空やホテルなど旅行関連株への売りが目立った。米国株もさえず。為替市場では英国で欧州連合(EU)離脱機運が高まるとの見方や、国内政治状況への懸念がポンドを圧迫する一方、安全資産とされるドルへの需要が広がり、英ポンドが対ドルで急落した。

*写真を更新しました。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

英利上げ、数カ月以内に討議の公算=中銀総裁

ビジネス

カナダ中銀総裁「利下げ、役割成し遂げた」、7月利上

ビジネス

ECB総裁発言、差し迫った政策引き締め意図せず=関

ビジネス

中国人民銀、秋の共産党大会前に追加引き締め行わず=

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    アメリカで「最も憎まれる男」の所業とは?

  • 2

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 3

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 4

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    米国はシリアでイスラーム国に代わる新たな「厄介者…

  • 7

    ベネズエラ、警察ヘリが最高裁と内務省を攻撃 大統…

  • 8

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 9

    地方学生が抱える奨学金ローンの破綻リスク

  • 10

    ゲーセンがVR(バーチャルリアリティー)で華麗に復活

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 8

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 9

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!