ニュース速報
ビジネス

BMW、禁止対象中国業者の部品搭載した8000台を米国へ輸入=報告書

2024年05月21日(火)13時59分

ドイツの自動車大手BMWが、米国への輸入が禁止されている中国のサプライヤーから調達した電子部品を搭載した小型車「ミニクーパー」をこれまでに米国へ少なくとも8000台輸入したことが、20日公表された米上院の報告書で明らかになった。資料写真、4月、北京で撮影(2024年 ロイター/Tingshu Wang)

David Shepardson

[ワシントン 20日 ロイター] - ドイツの自動車大手BMWが、米国への輸入が禁止されている中国のサプライヤーから調達した電子部品を搭載した小型車「ミニクーパー」をこれまでに米国へ少なくとも8000台輸入したことが、20日公表された米上院の報告書で明らかになった。

ロン・ワイデン上院財政委員長の事務方が執筆した報告書によると、BMWは2021年に制定されたウイグル強制労働防止法(UFLPA)で禁止された中国のサプライヤーから仕入れた部品を搭載した8000台のミニクーパーを米国へ輸入し、少なくとも今年4月まで、禁止された部品を搭載した車の輸入を続けた。

BMWは電子メールで「影響を受けた商品の輸入を停止する措置を講じた」と説明。特定の部品を交換する方針を示した上、「雇用慣行、人権、労働条件に関して、全ての直接的サプライヤーが従わなければならない厳格な基準と方針」を打ち立てていると付け加えた。

ワイデン氏は「自動車メーカーの自己管理は明らかに機能していない」と指摘。米税関・国境警備局(CBP)に対し、中国で強制労働を活用している企業に対する取り締まりを強化するための措置を講じるよう求めた。

報告書によると、カリフォルニア州を拠点とする自動車サプライヤーのボーンズは四川経緯達科技集団(JWD)から部品を調達。JWDは昨年12月、UFLPAの禁止対象リストに加えられた。

ボーンズはJWDの部品をリア・コーポレーションに供給。リアはBMWとジャガー・ランド・ローバーに商品を直接提供している。ボーンズは今年1月、リアに対し、LANトランスフォーマーという電子部品がJWDによって製造されており、米国へ輸入される自動車への搭載は禁止されていると伝えた。

リアは今年1月11日、BMWとジャガー・ランド・ローバー、ボルボ、フォルクスワーゲン(VW)に送った書簡で、禁止された部品について通知した。

報告書によると、ジャガー・ランド・ローバーは昨年12月以降にJWDの部品を輸入したが、全世界でJWDの部品を含む全ての在庫を隔離した。

報告書によると、BMWは上院財政委員会がJWDとの関係についてリアや同社の顧客に繰り返し質問した後にようやく、輸入を停止した。

VWは今年2月、中国製部品がUFLPAに違反することが判明したため、米国の港湾でポルシェやベントレー、アウディなど数千台の輸送を見合わせたことを確認した。

VWは5月20日、これらの全車両でその後、部品を交換したと説明した。

ボルボカーズは、まだ生産を開始していない新車の開発用にLANトランスフォーマーを受け取ったが、同社の自動車には全く使用されていないという。

ロイター
Copyright (C) 2024 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ECB、仏国債の臨時購入を検討せず=政策筋

ワールド

イラン、核開発計画に警告したG7声明を非難

ビジネス

米資産運用バンガード、マスク氏報酬案に賛成 テスラ

ワールド

フランス全土で極右政党の国民連合に対する抗議デモ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 3

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドンナの娘ローデス・レオン、驚きのボディコン姿

  • 4

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 8

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 9

    サメに脚をかまれた16歳少年の痛々しい傷跡...素手で…

  • 10

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中