ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル下落、米CPIに注目

2022年08月09日(火)06時02分

ニューヨーク外為市場ではドルが下落し、好調な米雇用統計を受けた先週5日の上昇分が一部解消された。市場では10日発表の米消費者物価指数(CPI)が注目されている。(2022年 ロイター/Dado Ruvic)

[ニューヨーク 8日 ロイター] - ニューヨーク外為市場ではドルが下落し、好調な米雇用統計を受けた先週5日の上昇分が一部解消された。市場では10日発表の米消費者物価指数(CPI)が注目されている。

7月の雇用統計が好調だったことで、連邦準備理事会(FRB)はインフレ対応に利上げを継続できるとの見方が市場で台頭。楽観的な見方は8日に入っても続いていたが、その後は企業決算などに市場の注目がシフトする中、ドルは失速。シルバー・ゴールド・ブルの外為・貴金属リスクマネジメント担当ディレクター、エリック・ブレガー氏は「ドルは幅広い通貨に対し軟調になった」と述べた。

午後の取引で主要6通貨に対するドル指数は106.43と、0.2%安。先週5日には10日ぶりの高値となる106.930を付けていた。

市場は10日発表の7月の米CPIに注目。アナリストは前年同月比の伸び率は8.7%と、前月の9.1%から鈍化したと予想している。

MUFGの為替アナリスト、デレク・ハルペニーとリー・ハードマンは顧客向けメモで「堅調な米経済指標のほか、米地区連銀総裁のタカ派的な発言がドル相場の支えになってきた」と指摘。マネックス・ヨーロッパの外為分析責任者、サイモン・ハーベイ氏は「ドルは下落したものの、米短期金融市場ではハト派的な値戻しは見られていないため、CPIを受けたドル上昇のハードルは低い」と述べた。

リスク心理を反映しやすい豪ドルとニュージーランドドルは対米ドルで上昇。

ドルは対円で0.12%安の134.835円。

ユーロは0.07%安の1.01865ドル。

英ポンドは0.02%高の1.2075ドル。

ドル/円 NY終値 135.00/135.03

始値 134.84

高値 135.11

安値 134.37

ユーロ/ドル NY終値 1.0195/1.0199

始値 1.0191

高値 1.0221

安値 1.0185

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英財務相、所得税最高税率引き下げ案を撤回 政権に打

ワールド

拘束のザポロジエ原発所長が解放=IAEA事務局長

ワールド

ウクライナ国民の83%がNATO加盟を希望=世論調

ビジネス

将来のインフレ動向、一段と不安定化も=米リッチモン

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング