ニュース速報

ビジネス

日産の10―12月営業益24%増、北米好調 為替影響はマイナスに

2016年02月10日(水)20時51分

2月10日、日産自動車が発表した2015年4―12月期の連結決算によると、営業利益は前年同期比40.6%増の5875億円だった。都内の販売店で撮影(2016年 ロイター/YUYA SHINO)

[横浜市 10日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>が10日発表した2015年10―12月期の連結営業利益は前年同期比23.5%増の1926億円だった。為替の影響はマイナスに働いたものの、購買コスト削減などが大きく寄与。北米市場での販売も好調だった。16年3月期の通期業績予想は据え置いた。

トムソン・ロイターのスターマイン調査によると、アナリスト10人の10―12月期営業利益の予測平均値は1787億円で、実績はこれを上回った。

10―12月期の営業利益に対し、販売の伸びや利益率の高い車が売れたことなどで58億円、購買コスト削減などで537億円のプラス効果があった。ただ、為替の影響は268億円の押し下げ要因となった。

上期まではプラスだった為替の影響が10―12月期にはマイナスに働いた背景について、田川丈二常務執行役員は会見で「ドル円は比較的プラスの傾向が続いているが、その他通貨、新興国を中心にマイナスがある。大きいところだと(対ドルでの)メキシコペソ」と指摘。カナダドル、豪ドル、ロシアのルーブルなどの通貨安も響いたと説明した。

10―12月期の世界販売は同1.7%増の127万5000台で、このうち北米は同12.2%増の49万5000台だった。スポーツ型多目的車(SUV)「ローグ」などが好調だった。

<4―12月期売上高、純利益は過去最高>

同時に発表した15年4―12月期の営業利益は前年同期比40.6%増の5875億円だった。売上高は同10.6%増の8兆9430億円、純利益は同33.7%増の4528億円で、ともに過去最高となった。世界販売は同1.4%増の約389万台だった。ロシアを除く欧州や北米が堅調だった。

田川常務は「好調な北米と西欧が、これまでほどにはプラス効果が期待できない円ドルレートを含む不安定な為替と、複数の新興市場の低迷によるマイナス要因を補った」と述べた。

16年3月期通期の連結業績予想は従来通り。売上高は前期比7.7%増の12兆2500億円と過去最高見通し。純利益は同16.9%増の5350億円で過去最高を10年ぶりに更新する見込み。営業利益予想は同23.8%増の7300億円。トムソン・ロイターのスターマイン調査によると、アナリスト27人の通期営業利益の予測平均値は7616億円となっている。

*内容を追加しました。

(白木真紀)

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

香港の行政長官選、前財政官が出馬を正式表明

ビジネス

英財務相、競争力維持へ「他の方法も」 貿易協定巡り

ビジネス

東芝、メインバンクとして可能な限りサポート=三井住

ビジネス

インタビュー:GPIF、今年はPE・インフラ投資拡

MAGAZINE

特集:トランプ・ワールドの希望なき幕開け

2017-1・24号(1/17発売)

ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ──。「異次元の政治家」にできること、できないこと

人気ランキング

  • 1

    日本はワースト4位、「経済民主主義指数」が示す格差への処方箋

  • 2

    スーパー耐性菌の脅威:米国で使える抗生物質がすべて効かない細菌で70代女性が死亡

  • 3

    北朝鮮外交官は月給8万円、「誰も声をかけてこない」悲哀

  • 4

    【ダボス会議】中国が自由経済圏の救世主という不条理

  • 5

    オバマ、記者団に別れ「まだ世界の終わりではない」

  • 6

    トランプごときの指示は受けない──EU首脳が誇り高く…

  • 7

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジ…

  • 8

    太陽光発電の発電コストが石炭火力発電以下に。ソー…

  • 9

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き…

  • 10

    ベーシックインカム、フィンランドが試験導入。国家…

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターなどSNS大炎上

  • 3

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 4

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき…

  • 5

    オバマ、バイデン副大統領に最後のサプライズで勲章…

  • 6

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 7

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 8

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 9

    トランプ今度は製薬会社を標的に 薬価引き下げを表明

  • 10

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジ…

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き合うべきか?

  • 4

    トルコのロシア大使が射殺される。犯人は「アレッポ…

  • 5

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 8

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 9

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

  • 10

    独身男性の「結婚相手は普通の子がいい」は大きな間…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!