ニュース速報

ビジネス

日産の10―12月営業益24%増、北米好調 為替影響はマイナスに

2016年02月10日(水)20時51分

2月10日、日産自動車が発表した2015年4―12月期の連結決算によると、営業利益は前年同期比40.6%増の5875億円だった。都内の販売店で撮影(2016年 ロイター/YUYA SHINO)

[横浜市 10日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>が10日発表した2015年10―12月期の連結営業利益は前年同期比23.5%増の1926億円だった。為替の影響はマイナスに働いたものの、購買コスト削減などが大きく寄与。北米市場での販売も好調だった。16年3月期の通期業績予想は据え置いた。

トムソン・ロイターのスターマイン調査によると、アナリスト10人の10―12月期営業利益の予測平均値は1787億円で、実績はこれを上回った。

10―12月期の営業利益に対し、販売の伸びや利益率の高い車が売れたことなどで58億円、購買コスト削減などで537億円のプラス効果があった。ただ、為替の影響は268億円の押し下げ要因となった。

上期まではプラスだった為替の影響が10―12月期にはマイナスに働いた背景について、田川丈二常務執行役員は会見で「ドル円は比較的プラスの傾向が続いているが、その他通貨、新興国を中心にマイナスがある。大きいところだと(対ドルでの)メキシコペソ」と指摘。カナダドル、豪ドル、ロシアのルーブルなどの通貨安も響いたと説明した。

10―12月期の世界販売は同1.7%増の127万5000台で、このうち北米は同12.2%増の49万5000台だった。スポーツ型多目的車(SUV)「ローグ」などが好調だった。

<4―12月期売上高、純利益は過去最高>

同時に発表した15年4―12月期の営業利益は前年同期比40.6%増の5875億円だった。売上高は同10.6%増の8兆9430億円、純利益は同33.7%増の4528億円で、ともに過去最高となった。世界販売は同1.4%増の約389万台だった。ロシアを除く欧州や北米が堅調だった。

田川常務は「好調な北米と西欧が、これまでほどにはプラス効果が期待できない円ドルレートを含む不安定な為替と、複数の新興市場の低迷によるマイナス要因を補った」と述べた。

16年3月期通期の連結業績予想は従来通り。売上高は前期比7.7%増の12兆2500億円と過去最高見通し。純利益は同16.9%増の5350億円で過去最高を10年ぶりに更新する見込み。営業利益予想は同23.8%増の7300億円。トムソン・ロイターのスターマイン調査によると、アナリスト27人の通期営業利益の予測平均値は7616億円となっている。

*内容を追加しました。

(白木真紀)

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米国株は公益株買われ上昇、ダウ11日連続最高値更新

ビジネス

ドル112円割れ、トランプ氏の経済政策や3月利上げ

ビジネス

国境調整税、輸出入とも阻害の恐れ=NY連銀報告書

ビジネス

トランプ氏が大統領令署名、連邦規制撤廃・簡素化へ

MAGAZINE

特集:北朝鮮 暗殺の地政学

2017-2・28号(2/21発売)

異国の地マレーシアで殺害された金正男──。その死の背景には北朝鮮をめぐる地政学の変化があった

人気ランキング

  • 1

    金正男暗殺事件の毒薬はVXガス マレーシア警察が発表

  • 2

    オーストラリアの難民政策は「人道に対する罪」、ICCに告発

  • 3

    原油が世界中からアジアに集結 OPEC減産で長距離輸送でも妙味

  • 4

    ついに中国で成立した「トランプ」商標登録

  • 5

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星…

  • 6

    金正男暗殺で、また注目される「女性工作員」

  • 7

    トランプ提唱の国境調整税、輸出入とも阻害の恐れ=…

  • 8

    オルト・ライト(オルタナ右翼)の寵児、「小児性愛O…

  • 9

    マレーシア警察、金正男暗殺事件で空港内「放射性」…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 2

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 3

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 4

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星…

  • 5

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 6

    金正男暗殺事件、マレーシア首相が北朝鮮を暗に批判…

  • 7

    オルト・ライト(オルタナ右翼)の寵児、「小児性愛O…

  • 8

    「ペンス大統領」の誕生まであと199日?

  • 9

    金正男氏を「暗殺者に売った」のは誰か

  • 10

    トランプはゴルフしすぎ、すでに税金11億円以上浪費

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 3

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 4

    トランプを追い出す4つの選択肢──弾劾や軍事クーデタ…

  • 5

    日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    マティス国防長官日韓訪問に中国衝撃!――「狂犬」の…

  • 8

    金正男クアラルンプール暗殺 北朝鮮は5年前から機…

  • 9

    トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後…

  • 10

    トランプの人種差別政策が日本に向けられる日

グローバル人材を目指す

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「日本の新しいモノづくり」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!