ニュース速報

ビジネス

日産の10―12月営業益24%増、北米好調 為替影響はマイナスに

2016年02月10日(水)20時51分

2月10日、日産自動車が発表した2015年4―12月期の連結決算によると、営業利益は前年同期比40.6%増の5875億円だった。都内の販売店で撮影(2016年 ロイター/YUYA SHINO)

[横浜市 10日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>が10日発表した2015年10―12月期の連結営業利益は前年同期比23.5%増の1926億円だった。為替の影響はマイナスに働いたものの、購買コスト削減などが大きく寄与。北米市場での販売も好調だった。16年3月期の通期業績予想は据え置いた。

トムソン・ロイターのスターマイン調査によると、アナリスト10人の10―12月期営業利益の予測平均値は1787億円で、実績はこれを上回った。

10―12月期の営業利益に対し、販売の伸びや利益率の高い車が売れたことなどで58億円、購買コスト削減などで537億円のプラス効果があった。ただ、為替の影響は268億円の押し下げ要因となった。

上期まではプラスだった為替の影響が10―12月期にはマイナスに働いた背景について、田川丈二常務執行役員は会見で「ドル円は比較的プラスの傾向が続いているが、その他通貨、新興国を中心にマイナスがある。大きいところだと(対ドルでの)メキシコペソ」と指摘。カナダドル、豪ドル、ロシアのルーブルなどの通貨安も響いたと説明した。

10―12月期の世界販売は同1.7%増の127万5000台で、このうち北米は同12.2%増の49万5000台だった。スポーツ型多目的車(SUV)「ローグ」などが好調だった。

<4―12月期売上高、純利益は過去最高>

同時に発表した15年4―12月期の営業利益は前年同期比40.6%増の5875億円だった。売上高は同10.6%増の8兆9430億円、純利益は同33.7%増の4528億円で、ともに過去最高となった。世界販売は同1.4%増の約389万台だった。ロシアを除く欧州や北米が堅調だった。

田川常務は「好調な北米と西欧が、これまでほどにはプラス効果が期待できない円ドルレートを含む不安定な為替と、複数の新興市場の低迷によるマイナス要因を補った」と述べた。

16年3月期通期の連結業績予想は従来通り。売上高は前期比7.7%増の12兆2500億円と過去最高見通し。純利益は同16.9%増の5350億円で過去最高を10年ぶりに更新する見込み。営業利益予想は同23.8%増の7300億円。トムソン・ロイターのスターマイン調査によると、アナリスト27人の通期営業利益の予測平均値は7616億円となっている。

*内容を追加しました。

(白木真紀)

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮の太平洋での水爆実験、専門家は「大災害」の恐

ビジネス

ギリシャ、第3次支援終了後も監督へ=ユーログループ

ビジネス

7月改定景気動向指数、一致指数は前月比-1.1ポイ

ワールド

米ハリケーン救済基金への企業寄付、合計で2.25億

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 4

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 5

    新型アップルウオッチは、ポストiPhoneの大本命

  • 6

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    北朝鮮、水爆実験強行なら分水嶺 トランプ政権は深…

  • 9

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 10

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 7

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 8

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 9

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 10

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!