ニュース速報

ビジネス

アングル:郵政社長、ロックアップ期間に「不規則発言」で波紋

2016年01月29日(金)21時13分

 1月28日、日本郵政の西室泰三社長(写真)が会見で、ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険の株式の追加売却に言及したことが波紋を呼んでいる。ロックアップ(株式売却禁止)期間中に経営トップが株式売却計画に踏み込んで発言するのは異例。2015年11月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 29日 ロイター] - 日本郵政<6178.T>の西室泰三社長が28日の会見で、ゆうちょ銀行<7182.T>・かんぽ生命保険<7181.T>の株式の追加売却に言及したことが波紋を呼んでいる。ロックアップ(株式売却禁止)期間中に経営トップが株式売却計画に踏み込んで発言するのは異例。

ただ、一見不用意ともとれる発言の裏に、株式の売却を急いで民間の金融機関との公平な競争条件を実現し、地銀などとの連携を円滑に進めたいとの本音も見え隠れする。

西室社長は会見で、記者からの質問に答えて「(ゆうちょ銀、かんぽ生命の株式の追加売却を)できるだけ早く実施したい」と語った。さらに売却スケジュールを来月中ごろには発表できると踏み込んだ。

郵政3社は昨年11月に上場し、今年5月1日までロックアップ期間となっている。西室社長の発言に法的な問題はないものの、同社は野村証券などグローバルコーディネーター4社と契約を結び、ロックアップ期間中は株式を売却をしないこと、同期間は処分計画を公表しないことなどを約束。西室社長の発言はこうした条項に抵触しかねない。

西室氏の発言で慌てたのが、同席していた事務方だ。幹部が西室社長に耳打ちし、西室社長の発言や来月に示す株式の売却計画はロックアップ期間を前提にしたものだと強調し、「火消し」に走った。

複数の関係者によると、2月中にゆうちょ銀とかんぽ生命の株式の売却計画が詳細に明らかになる可能性は低いという。

今回の異例の発言の背景には、西室氏の民間金融機関への配慮があるとの見方がある。日本郵政は、複数の地域金融機関と提携に向けて交渉を続けており「円滑に協力関係を築きたいとの思いから出たのではないか」(地銀関係者)というわけだ。

地銀協会などが求めている1つに、ゆうちょ銀とかんぽ生命の株式処分計画の明確化がある。昨年11月に上場したとはいえ、ゆうちょ銀、かんぽ生命の株式の約9割は日本郵政が保有し、その日本郵政の株式の9割は政府が握る。

政府の間接的な影響力が残る限り、民間金融機関と対等な競争関係にあるとは言えない。これが民間金融機関の論理だ。

「民営化委員会は答申を出したのであって、決めたわけではない。そこを取り違えてはいけない」――。西室社長は28日の会見で、ゆうちょ銀の預入限度額とかんぽ生命の契約限度額引き上げを求めた郵政民営化委員会の報告書に対し、こう述べた。

この発言にも、限度額引き上げに反発する民間金融機関への配慮がにじみ出ている、と語る関係者もいる。

(和田崇彦 編集:田巻一彦)

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

15年の民間給与は平均420万円、前年比1.3%増

ビジネス

前場の日経平均は大幅反発、原油減産合意受け資源株が

ワールド

フィリピンのドゥテルテ大統領、米との軍事演習は次回

ビジネス

日立・東芝・三菱重、原発燃料統合目指す 再稼働遅れ

MAGAZINE

特集:進化する中国軍

2016-10・ 4号(9/27発売)

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

人気ランキング

  • 1

    ブルキニを禁じたフランスのパリがヌーディスト解禁へ

  • 2

    アーティスツ(1):会田誠の不安、村上隆の絶望

  • 3

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 4

    国際競争力ランキング、スイスが8年連続首位 日本は8位に後退

  • 5

    狭まる北朝鮮包囲網、友好国にも「金正恩離反」の兆候

  • 6

    自治体のPR動画「ウナギ少女」がまるで変態ホラーだと騒ぎに

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    米大統領選、第1回テレビ討論を世界はどう報じたか

  • 9

    打倒ディズニーを掲げる中国のテーマパーク

  • 10

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    X JAPANのYOSHIKI、ニューヨークでコンサートを行うと発表

  • 5

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 6

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 7

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 8

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 9

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 10

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!