ニュース速報

ビジネス

アングル:郵政社長、ロックアップ期間に「不規則発言」で波紋

2016年01月29日(金)21時13分

 1月28日、日本郵政の西室泰三社長(写真)が会見で、ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険の株式の追加売却に言及したことが波紋を呼んでいる。ロックアップ(株式売却禁止)期間中に経営トップが株式売却計画に踏み込んで発言するのは異例。2015年11月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 29日 ロイター] - 日本郵政<6178.T>の西室泰三社長が28日の会見で、ゆうちょ銀行<7182.T>・かんぽ生命保険<7181.T>の株式の追加売却に言及したことが波紋を呼んでいる。ロックアップ(株式売却禁止)期間中に経営トップが株式売却計画に踏み込んで発言するのは異例。

ただ、一見不用意ともとれる発言の裏に、株式の売却を急いで民間の金融機関との公平な競争条件を実現し、地銀などとの連携を円滑に進めたいとの本音も見え隠れする。

西室社長は会見で、記者からの質問に答えて「(ゆうちょ銀、かんぽ生命の株式の追加売却を)できるだけ早く実施したい」と語った。さらに売却スケジュールを来月中ごろには発表できると踏み込んだ。

郵政3社は昨年11月に上場し、今年5月1日までロックアップ期間となっている。西室社長の発言に法的な問題はないものの、同社は野村証券などグローバルコーディネーター4社と契約を結び、ロックアップ期間中は株式を売却をしないこと、同期間は処分計画を公表しないことなどを約束。西室社長の発言はこうした条項に抵触しかねない。

西室氏の発言で慌てたのが、同席していた事務方だ。幹部が西室社長に耳打ちし、西室社長の発言や来月に示す株式の売却計画はロックアップ期間を前提にしたものだと強調し、「火消し」に走った。

複数の関係者によると、2月中にゆうちょ銀とかんぽ生命の株式の売却計画が詳細に明らかになる可能性は低いという。

今回の異例の発言の背景には、西室氏の民間金融機関への配慮があるとの見方がある。日本郵政は、複数の地域金融機関と提携に向けて交渉を続けており「円滑に協力関係を築きたいとの思いから出たのではないか」(地銀関係者)というわけだ。

地銀協会などが求めている1つに、ゆうちょ銀とかんぽ生命の株式処分計画の明確化がある。昨年11月に上場したとはいえ、ゆうちょ銀、かんぽ生命の株式の約9割は日本郵政が保有し、その日本郵政の株式の9割は政府が握る。

政府の間接的な影響力が残る限り、民間金融機関と対等な競争関係にあるとは言えない。これが民間金融機関の論理だ。

「民営化委員会は答申を出したのであって、決めたわけではない。そこを取り違えてはいけない」――。西室社長は28日の会見で、ゆうちょ銀の預入限度額とかんぽ生命の契約限度額引き上げを求めた郵政民営化委員会の報告書に対し、こう述べた。

この発言にも、限度額引き上げに反発する民間金融機関への配慮がにじみ出ている、と語る関係者もいる。

(和田崇彦 編集:田巻一彦)

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

日航社長、先行投資「17年度に集中」 中間配当導入

ビジネス

キリンHD、1―3月期は45%営業増益 会社計画を

ビジネス

ヤマト、基本運賃を最大180円値上げ 今期取扱量8

ワールド

インタビュー:トランプ氏、北朝鮮と「大きな紛争」の

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 2

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくすぶる核攻撃の火種

  • 3

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環球時報を読み解く

  • 4

    北朝鮮危機のさなか、米空軍がICBM発射実験

  • 5

    北朝鮮の脅威増大、必要あれば空母から2時間で攻撃=…

  • 6

    イバンカのアパレル工場は時給1ドルのブラック企業だ…

  • 7

    「空飛ぶ自動車」いよいよ発売、課題は大衆化

  • 8

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 9

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 10

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 3

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 6

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 7

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 8

    北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

  • 9

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくす…

  • 10

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 3

    ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

  • 4

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 5

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 6

    15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

  • 7

    北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

  • 8

    北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

  • 9

    オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

  • 10

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!