コラム

コロナ禍と東京五輪を挟んだ6年ぶりの訪問で、「新しい日本」を見た

2024年04月23日(火)15時09分
日本

日本は6年前よりリラックスしていて、自信を強めているようだった YUSUKE HARADAーNURPHOTO/GETTY IMAGE

<先日、2018年以来6年ぶりに日本を訪問したが、コロナ禍と東京五輪を挟んで日本社会はよりリラックスし、自信を強めているように見えた>

私は他国を訪れる際、地元の理髪店でひげを剃ることが多い。ある国の人たちが自国にどのようなイメージを持っているかを知るには、有名な史跡の類いより、日常生活の中のちょっとした思いがけない経験のほうが参考になると思っているからだ。

以前、モロッコ北東部の街フェズの理髪店を訪ねたときには思いがけない体験をした。サッカーのモロッコ代表戦がテレビ放映されていて、モロッコがゴールを決めると店内はお祭り騒ぎに。理容師は私のことなど忘れたかのように絶叫してピョンピョン跳びはね、そのたびに理容師が手に持った剃刀(かみそり)の刃が私の首の至近距離で上下した。モロッコはこの試合に勝利し、私も無傷で生き延びることができた。

最近、日本を訪れたときは、理容師に喉を切り裂かれそうにはならなかったが、東京のタクシーで忘れられない経験をした。そして2018年に訪れたときに比べて、日本の社会がリラックスしていて、自信を強めているように思えた。

私がそう感じたのは、東京五輪を経て街に英語の標識が増えたからなのかもしれない。6年前に比べると、言葉が分からないことによる不安はだいぶ和らいだ。英語を話す「江戸っ子」も増えたように感じた。それに、東京の街の混雑と慌ただしさがかなり軽減されたという事情もありそうだ。コロナ禍をきっかけに、リモートワークで働く人の割合が東京では約30%に増加しているという。

もう1つ、今回の訪問で強い印象を受けたのは、日本が主権国家として自己主張を強めているということだ。この数十年間に、日本と世界は大きく変わり、今日の世界ではほぼ全ての国が自信と自己主張を強めている(その結果、国家間の競争が激しくなり、世界は不安定性を増している)。

先頃訪れたボストン近郊の理髪店で聞いた言葉は、私が日本で感じたことと見事に合致していた。理容師は私が日本を訪ねたばかりだと知ると、最近知ったという事実を披露した。「知ってました? 私のおじいちゃんの時代に日本がほかの国を攻撃して、太平洋で激しい戦争があったんですって。全然知りませんでしたよ」

この事実は過去80年ほど世界の大枠を形づくる前提になってきたが、今ではほぼ過去のものになった(中国と北朝鮮、そして韓国の左派政党の考えは違うだろうが)。「大昔の話よ」と、歴史の勉強をした私の娘はいう。「今の世界とはぜんぜん違う」

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国人民銀、5月の融資拡大を金融機関に指示=関係筋

ビジネス

新発10年国債利回り1.0%に上昇、日銀正常化なら

ビジネス

英CPI、4月は前年比+2.3% 予想ほど鈍化せず

ビジネス

S&P、ソフトバンクGの長期格付けを「BB+」に引
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 5

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 6

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 7

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「韓国は詐欺大国」の事情とは

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story