注目のキーワード

言論

ニューズウィーク日本版『言論』に関する記事一覧

保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理由(古谷経衡)
嫌韓の心理学

保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理由(古谷経衡)

<当初ネット右翼とは分離していた旧来の保守が、いかにして「嫌韓」に堕していったかを全て記す。本誌「嫌...

2019.10.11
『表現の不自由展』騒動がみせた日本の不自由と無頓着
表現の自由

『表現の不自由展』騒動がみせた日本の不自由と無頓着

<検証委員が語った憲法への理解不足や美術教育の危機、そして天皇作品の日本的センチメント> テロ予告...

2019.10.11
        
「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開された「表現の不自由展」は日本人の心を踏みにじるのか
欧州インサイドReport 木村正人

「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開された「表現の不自由展」は日本人の心を踏みにじるのか

動画撮影は禁止、SNSでの拡散は防止 [ロンドン発]国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企...

2019.10.09
シンガポールの危険な「フェイクニュース防止法」
言論統制

シンガポールの危険な「フェイクニュース防止法」

<「中国と大差ない」と言われる言論規制が、ネット空間に広がることになった> シンガポールで国民を「...

2019.10.02
        
「韓国なんて要らない」なんて要らない?
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

「韓国なんて要らない」なんて要らない?

<ヘイトスピーチと非難された「韓国なんて要らない」というテーマを分野別に議論してみると......>...

2019.09.24
        
ドイツはプライバシー保護を徹底 京アニ犠牲者の実名公表・報道の是非を考える
欧州インサイドReport 木村正人

ドイツはプライバシー保護を徹底 京アニ犠牲者の実名公表・報道の是非を考える

<犠牲者の実名公表をめぐって物議を醸す京アニ放火事件から2カ月。ジャーナリストが選ぶべきは国民の「知...

2019.09.18
【百田尚樹現象】「ごく普通の人」がキーワードになる理由――特集記事の筆者が批判に反論する
百田尚樹現象

【百田尚樹現象】「ごく普通の人」がキーワードになる理由――特集記事の筆者が批判に反論する

<大反響を呼んだ特集「百田尚樹現象」で、筆者の石戸諭氏は百田氏を「ごく普通の人」と位置付けたのか。ジ...

2019.06.27
『日本国紀』は歴史修正主義か? トランプ現象にも通じる本音の乱――特集・百田尚樹現象(3)
百田尚樹現象

『日本国紀』は歴史修正主義か? トランプ現象にも通じる本音の乱――特集・百田尚樹現象(3)

<百田史観の売りは、史実的な正しさよりも読み物としての「面白さ」、反朝日、反中韓というスタイルにある...

2019.06.27
幻冬舎・見城徹が語った『日本国紀』、データが示す固定ファン――特集・百田尚樹現象(2)
百田尚樹現象

幻冬舎・見城徹が語った『日本国紀』、データが示す固定ファン――特集・百田尚樹現象(2)

<幻冬舎・見城徹社長はなぜ『日本国紀』を出版したのか。独占インタビューで明かしたその理由と、百田尚樹...

2019.06.27
百田尚樹はなぜ愛され、なぜ憎まれるのか――特集・百田尚樹現象(1)
百田尚樹現象

百田尚樹はなぜ愛され、なぜ憎まれるのか――特集・百田尚樹現象(1)

<ノンフィクションライター石戸諭氏執筆の特集「百田尚樹現象」(5月28日発売)は発売当初から大きな反...

2019.06.27
英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら