注目のキーワード

日銀

ニューズウィーク日本版『日銀』に関する記事一覧

トランプがマイナス金利にご執心!?──日本はトクしていると勘違い?
アメリカ経済

トランプがマイナス金利にご執心!?──日本はトクしていると勘違い?

<かねてから金利引き下げによるドル安誘導をFRBに要求してきたトランプ米大統領が、今度は世界の国々が...

2019.11.14
金融緩和競争は激化へ、厳しい判断を迫られる日銀──9月決定会合の予想と市場の反応
金融緩和

金融緩和競争は激化へ、厳しい判断を迫られる日銀──9月決定会合の予想と市場の反応

<今週から来週にかけてECBとFRBは相次いで金融緩和を行うとみられている。だが、続く日銀には追加緩...

2019.09.10
金融政策の「劇薬」マイナス金利 その仕組みと落とし穴
金融政策

金融政策の「劇薬」マイナス金利 その仕組みと落とし穴

マイナス金利政策はかつて、欧州や日本のような慢性的低インフレ経済だけの政策とみなされていたが、不本意...

2019.08.19
        
増税があらゆる世代の負担を拡大させる理由
ケイザイを読み解く 野口旭

増税があらゆる世代の負担を拡大させる理由

<増税論をめぐっては、政府債務の将来世代負担論がしばしば主張されるが、赤字財政政策は状況によっては将...

2018.12.21
        
財政負担問題はなぜ誤解され続けるのか
ケイザイを読み解く 野口旭

財政負担問題はなぜ誤解され続けるのか

<増税論にとっての最後に残された切り札のような役割を果たしてきた、政府債務の将来世代負担論。「政府債...

2018.12.10
        
数十年ぶりに正常化しつつある日本の雇用
ケイザイを読み解く 野口旭

数十年ぶりに正常化しつつある日本の雇用

<アベノミクスによって需要不足がほぼ解消されたことで、社会全体の生産可能性の拡大が、実質賃金の増加と...

2018.08.31
        
世界が反緊縮を必要とする理由
ケイザイを読み解く 野口旭

世界が反緊縮を必要とする理由

<現在の世界経済を貫く経済政策上の基本的な対立軸は、もはや政治イデオロギーにおける右や左ではなく、「...

2018.08.01
        
物価はどう決まるか 混乱する経済学
転機の日本経済 小幡 績

物価はどう決まるか 混乱する経済学

経済学を一つの原理で表すとしたら何か。 それは、「価格は需要と供給で決まる」ということだ。これ...

2018.06.19
        
なぜ「構造改革論」が消えたのか
ケイザイを読み解く 野口旭

なぜ「構造改革論」が消えたのか

<日本の経済論壇をかつて支配した構造改革主義の政策命題が、現実そのものによって反証された> 日本経...

2018.06.02
        
消費税増税による消費低迷が長引く理由
ケイザイを読み解く 野口旭

消費税増税による消費低迷が長引く理由

<これから再び大きな国民的論議の的になっていくであろう消費税増税。あえてこれまでの消費税増税の影響を...

2018.04.03
英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら