ニューストピックス

Newsweekアーカイブ&スペシャルリポート

銃乱射を止められない、米社会の病理

銃乱射を止められない、米社会の病理

ラスベガス銃乱射事件で米史上最悪の犠牲が。これが保守派の主張する「自由の代償」なのか? Steve Marcus-REUTERS

2017.10.03

テキサス銃乱射事件に便乗する「陰謀論」 右派はトーク画面偽造

2017.11.06
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

ラスベガス乱射事件、史上最悪の犠牲にも動かない銃規制議論

<米史上最悪の銃乱射事件の発生を受けても、銃規制に向けた積極的な動きは見られない。当面の焦点となるのはその中でも些末な2つの問題> 10月1

2017.10.05
銃乱射

べガス銃乱射の犠牲者はあなたの「母親、同僚、友人」だったかもしれない

2017.10.03
乱射事件

ラスベガスのあるネバダ州は、全米でも銃規制が緩い

2017.10.03
銃乱射

米史上最悪ラスベガス銃乱射から逃げまどう人々

2017.10.03
銃社会

銃撃事件に遭った米共和党議員「銃のおかげで助かった」

2017.06.15
アメリカ社会

銃乱射犯に共通する「本物の男」信仰

2016.06.16
銃犯罪

銃乱射犯に負け犬の若い男が多い理由

メディアが、銃乱射犯のことをはみ出し者として描き出すのも無理はない。彼らは往々にしてそういう人間なのだ 

2016.01.14
銃規制

アメリカの銃乱射事件は今年これで45件目

規制も少しずつ進んでいるが、銃犯罪は待ってくれない 

2015.10.02
犯罪

銃乱射上位、スイスやフィンランドとアメリカの共通点

アメリカで圧倒的に銃乱射が多いのは、絶望と銃が共存しているからだ 

2015.08.24

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 3

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 4

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 5

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 6

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 7

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 8

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 9

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…