プレスリリース

【ルイ・ヴィトン】2021年のステイホーム時間に!陶器製コレクションに新作が仲間入り!

2021年01月18日(月)15時39分
ルイ・ヴィトン ジャパン株式会社

2021年1月下旬、ルイ・ヴィトンの陶器製ホーム・コレクションに新たな製品が仲間入りします。アイコンバッグを象った華やかなフラワーベースと、コレクターズアイテムとしても人気のマスコット「ヴィヴィエンヌ」がハートのバルーンをもって登場します。

ルイ・ヴィトンのハット・トランクから着想を得たアイコンバッグ「ボワット・シャポー」型の新作フラワーベースは、エンボス加工されたモノグラムや、ネームタグなどメゾンならではのディテールが特徴的です。極めてエレガントで高級感溢れるフラワーベースは繊細なストラップ部分つきで持ち運びも容易です。またルイ・ヴィトンの大人気マスコットである「ヴィヴィエンヌ」はLVシグネチャーが施されたハート型のバルーンをもって、バレンタインデーを遊び心たっぷりにお祝いします。頬がほんのりと赤く染まったヴィヴィンヌは大事なあの人に想いを伝えるためのギフトとしても最適です。

ホームインテリアとしてお楽しみいただける、ルイ・ヴィトンの魅力的な新作ホーム・コレクションとともに2021年のステイホーム時間をもっと楽しく、そして華やかにしてみませんか?

税抜予定価格:171,000円


税抜予定価格:279,000円


製品情報
上)税抜予定価格:171,000円
  サイズ: 26.5×17.5×8CM
  素材:陶器

下)税抜予定価格:279,000円
  サイズ: 23×17×5CM
  素材:陶器


【公式サイト】
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/homepage

【ルイ・ヴィトンについて】
1854年の創業以来、ルイ・ヴィトンは、革新とスタイルを組み合わせた独自のデザインを常に最高級な品質で提供し続けています。現在もトラベルラゲージ、バッグ、アクセサリーなどの製品を通じて、クリエイティブでありながらエレガントで実用的という、創業者ルイ・ヴィトンが生み出した「旅の真髄(こころ)」という精神を忠実に受け継いでいます。ルイ・ヴィトンは伝統を重んじ、歴史の中で建築家、アーティスト、デザイナーに門戸を開き、プレタポルテ、シューズ、アクセサリー、ウォッチ & ファインジュエリー、フレグランスなどの分野を開拓してきました。これらの丁寧に製作された製品は、ルイ・ヴィトンがクラフツマンシップにいかにこだわりを持ってきたかという証となっています。

【お問合せ先】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

トランプ氏支持者ら、議事堂を「爆破」したいと威嚇=

ビジネス

テスラ、米工場でモデル3を2週間減産=関係筋

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者1億1

ワールド

ファイザー製コロナワクチン、米当局が保管温度の基準

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に拍車か

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 5

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 6

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 7

    全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

  • 8

    米欧の研究で分かった、ポピュリスト政党の倒し方

  • 9

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 10

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 4

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 5

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 6

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    対日レーダー照射だけじゃない......韓国「軍事行政…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!