プレスリリース

目覚めたら“イケメン四天王”の揃うネット小説の世界に!?ピッコマ人気WEBTOON『ネット小説の法則』ノベル版が11/22(日)より一挙63話分「待てば¥0」で配信スタート!

2020年11月22日(日)10時00分
株式会社カカオジャパン
電子マンガ・ノベルサービス「ピッコマ」にて「待てば¥0」で配信開始




株式会社カカオジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:金 在龍)は、同社が運営する電子マンガ・ノベルサービス「ピッコマ」にて、11/22(日)より、人気WEBTOON作品『ネット小説の法則』(D&C MEDIA)のノベル版『ネット小説の法則(ノベル)』(D&C MEDIA)を配信を開始いたします。今回の配信では一挙63話分「待てば¥0」での公開となります。また、ノベル版ではマンガ版より先の展開を読むことができ、現在マンガ版を楽しんでいただいている方も、ノベル版も合わせて楽しんでいただければ幸いです。

現在ピッコマでは、コミカライズ版のあるノベル作品は、マンガとノベル合わせて作品を楽しむユーザーが増えています。作品世界への想像力や、人物の細やかな心情を楽しめるノベル版も、美しい描写で登場人物や世界観を堪能できるマンガ版も、一緒に楽しむことでそれぞれの魅力が倍増すること間違いなしです。今後もピッコマでは、マンガ・WEBTOONに並ぶコンテンツとして、ノベル作品の拡充に力を入れてまいります。


目覚めたら…ネット小説で読んだ世界に!?待望のノベル版登場!
「ネット小説の法則(ノベル)」原作:Yu Han-ryeo ( D&C MEDIA )

(C)Yu Han-ryeo 2015/D&C MEDIA
それは、中学校入学の日のことだったーー。朝、見覚えのない制服を母親に用意され戸惑う「穂乃花」。真っ白なジャケット、赤いリボン、丈の短いひらひらワンピース。それはまるで、漫画やネット小説から飛び出てきたようなキラキラな制服…そう、目覚めると穂乃花のいる世界は、ネット小説の世界になっていた!!突然、隣に住む美少女「朱里」が親友だと言って現れ、連れて行かれた学校では青い瞳のイケメン「海斗」とぶつかるハプニングから、嫉妬に狂う周りの女子達の非難の的に。その後も、次々とイケメンクラスメイトが現れて「イケメン四天王」が揃って同じクラスに!ネット小説でよく見る法則そのままの展開に戸惑いを隠せない穂乃果の行く先は…!?
「待てば¥0」で配信スタート/毎週日曜更新
https://piccoma.com/web/product/50349

目覚めたら…ネット小説で読んだ世界に!?
『ネット小説の法則』WEBTOON版はこちらから

(C) A Hyeon, Yu Han-ryeo 2019/D&C MEDIA
漫画:アヒョン 原作:ユハンリョ
「待てば¥0」で配信中/毎週日曜更新
https://piccoma.com/web/product/14196


●ピッコマについて
「ピッコマ」は、話題の人気マンガやノベル、オリジナル作品マンガを、毎日待つだけで1作品につき1話を無料 で読むことができる電子マンガ・ノベルサービスです。アプリ版「ピッコマ」は 2016年4月20日のサービスリリース以来、累計2,300万ダウンロードを突破しております。※ 累計ダウンロード数は 2020年9月時点の iOS/Android の合算です。


●「ピッコマ」サービス概要
サービス名:ピッコマ
プラットホーム:iOS / Android / Web
利用料金:無料(一部サービス内課金あり)
アプリダウンロード:http://piccoma.com/web/redir/853
公式サイト:https://piccoma.com/web
公式 Twitter:https://twitter.com/piccoma_jp
運営:株式会社カカオジャパン
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

焦点:冬を迎えた欧州、コロナ流行でインフル激減の可

ワールド

米、中国との文化交流5プログラム廃止 「政治宣伝に

ビジネス

ドル小幅高、英EU通商協議停止で=NY市場

ビジネス

米国株248ドル高、雇用統計低調で追加支援策に期待

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 2

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 3

    豪中炎上のフェイク画像を作成した過激アーティストが中国の「国民的英雄」に

  • 4

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 5

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 6

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 7

    ナイキCMへ批判殺到の背景にある「崇高な日本人」史観

  • 8

    「中国は香港の一世代をまるごと抹殺することも厭わ…

  • 9

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1…

  • 10

    中国の研究者1000人超が米国を出国 技術盗用規制強…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 6

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 5

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 8

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 9

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 10

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!