プレスリリース

「LINE POP2」と生誕70周年『スヌーピー』がコラボレーション

2020年10月23日(金)15時10分
LINE株式会社
「チャーリー・ブラウン」などがミニモンとして登場

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が展開する6角形パズルゲーム「LINE POP2」(iPhone・Android対応/無料)において、生誕70周年を迎える『スヌーピー』とコラボレーションを開始しましたので、お知らせいたします。



生誕70周年を迎える現在も75ヵ国、21の言語、2,200紙で連載されるなど世界中から愛されている『スヌーピー』 が、「LINE POP2」に登場します。ゲームにログインするともらえるログインスタンプの報酬として初日に「★3 ルーシ ー」、12日目にはコラボミニモンの中からランダムで1つもらえる「ミニモンボックス」が必ず入手できたり、「海賊ス ヌーピー」や「チャーリー・ブラウン」などスヌーピーの仲間たちが、対象期間中にプレイを助けてくれるミニモンとしてゲーム内に出現したりします。

■期間限定「アストロノーツスヌーピー」「チャーリー・ブラウン」など、『スヌーピー』の人気キャラクターがミニモンとなりゲーム内に登場
「アストロノーツスヌーピー」や「チャーリー・ブラウン」など『スヌーピー』の人気キャラクターたちが、ゲームのプレイをサポートするミニモンとなりゲーム内に登場します。こちらは、ミニモン召喚から獲得できるほか各種イベントでも入手可能です。

【開催期間】2020 年10 月23 日(金)11:00 ~ 11 月23日(月)10:59

■初日に「★3 ルーシー」が必ずもらえる、ログインスタンプを開催中
ゲーム内にログインをすると、プレゼントBOXにログインスタンプが付与されます。こちらのログインスタンプを ためることでゲーム内のアイテムを獲得することが可能です。今回は、ログイン1日目に「★3 ルーシー」、ログイン12日目にコラボミニモンの中からランダムで1つもらえる「コラボミニモンボックス」が必ずもらえるなど、スヌーピーの人気キャラクターが期間限定で入手できます。

【開催期間】2020 年10 月23 日(金)11:00 ~ 11 月7日(土)23:59

■ステージクリアで「★5 シェフスヌーピー」など豪華アイテムが入手可能!イベント「風船配達」が開催中
風船のあるステージをクリアし風船を集め一定数に達すると、自動でアイテムと交換される新イベント「風船配達」 が本日より開催中です。配達した回数が多いほど豪華な報酬を受け取ることができ、今回は「★5 シェフスヌーピ ー」も獲得できるチャンスです。

【開催期間】2020 年10 月23 日(金)11:00 ~ 10 月28日(水)10:59

■応募者の中から抽選で「PEANUTS70周年記念グッズ」をプレゼント!ログイン抽選イベント開催中
抽選で6名様に可愛いスヌーピー達のグッズが詰まった「スヌーピータウンショップオリジナル PEANUTS70周年 記念グッズ詰め合わせ」がもらえる応募イベントを開催中です。応募方法は、コラボ期間中に12日ログインして専用の応募ページから応募ボタンを押す事で応募完了となりますので、是非ご参加ください。

【開催期間】2020 年10 月23 日(金)11:00 ~ 11 月23日(月)10:59


                      (C)2020 Peanuts Worldwide LLC

スヌーピータウンショップ商品が買える♪
PEANUTS公式オンラインショップ「おかいものSNOOPY」はこちらから
https://okaimono-snoopy.jp/ext/townshop.html?utm_medium=social&utm_source=game&utm_campaign=linepop2
2020 年10 月2日、PEANUTSはコミック生誕70 周年を迎えました
▼70 周年スペシャルサイトはこちら:https://www.snoopy.co.jp/70th/
※スヌーピーコラボデザインはPeanuts Worldwide LLC と株式会社テレビ東京コミュニケーションズとの契約に基づき、提供いたします。

LINEでは、今後も「CLOSING THE DISTANCE」をミッションとして、「LINE GAME」をはじめ、様々な連携サ ービス・コンテンツを拡充することにより、ユーザー同士のコミュニケーション活性化を図って参ります。

-----------------------
「LINE POP2」概要
-----------------------
「LINE POP2」は、2012年11月に LINE GAME第1 弾タイトルとしてリリースされた、6角形のブロックを上・下・ 斜めの6方向に移動させ、同じキャラクターのブロックを3つ以上並べて消していく、6角形パズルゲームです。2014年10月27日のサービス公開以降、ポップなデザインやサウンドによるかわいらしい世界観と、ステージごとに異なる多彩なギミック、限られた移動回数の中で効率的にブロックを消していく戦略性など、世界中の幅広いユーザーからご好評いただき、日本国内のApp Store、Google Playの無料アプリランキングでもそれぞれ1位を記録しております。2017年3月31日時点で世界累計1,500万ダウンロードを突破いたしました。

■LINE POP2
対応端末:iPhone/Android
対応言語:日本語、英語、中国語(繁体字)、タイ語、韓国語
サービス地域:全世界
サービス開始日:2014 年10 月27 日 価格:無料(アイテム課金)
開発:NHN Pixelcube
運営:LINE株式会社
著作権表記:(C)NHN Pixelcube.All Rights Reserved.

▼App Store https://itunes.apple.com/jp/app/id878506376
▼Google Play https://play.google.com/store/apps/details?id=com.linecorp.LGLP2
※Android、Google Playは、Google LLCの商標または登録商標です。
※iPhone、iTunes およびApp Storeは、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。
※記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

韓国、コロナ新規感染者が最多更新 第4波封じ込めに

ワールド

英競売クリスティーズ、香港拠点を4倍に拡張へ

ビジネス

中国メディア、投資家に冷静な対応呼び掛け 市場動揺

ビジネス

午前の日経平均は反落、米株安を嫌気 FOMCへの警

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中