プレスリリース

「LINE POP2」と生誕70周年『スヌーピー』がコラボレーション

2020年10月23日(金)15時10分
LINE株式会社
「チャーリー・ブラウン」などがミニモンとして登場

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が展開する6角形パズルゲーム「LINE POP2」(iPhone・Android対応/無料)において、生誕70周年を迎える『スヌーピー』とコラボレーションを開始しましたので、お知らせいたします。



生誕70周年を迎える現在も75ヵ国、21の言語、2,200紙で連載されるなど世界中から愛されている『スヌーピー』 が、「LINE POP2」に登場します。ゲームにログインするともらえるログインスタンプの報酬として初日に「★3 ルーシ ー」、12日目にはコラボミニモンの中からランダムで1つもらえる「ミニモンボックス」が必ず入手できたり、「海賊ス ヌーピー」や「チャーリー・ブラウン」などスヌーピーの仲間たちが、対象期間中にプレイを助けてくれるミニモンとしてゲーム内に出現したりします。

■期間限定「アストロノーツスヌーピー」「チャーリー・ブラウン」など、『スヌーピー』の人気キャラクターがミニモンとなりゲーム内に登場
「アストロノーツスヌーピー」や「チャーリー・ブラウン」など『スヌーピー』の人気キャラクターたちが、ゲームのプレイをサポートするミニモンとなりゲーム内に登場します。こちらは、ミニモン召喚から獲得できるほか各種イベントでも入手可能です。

【開催期間】2020 年10 月23 日(金)11:00 ~ 11 月23日(月)10:59

■初日に「★3 ルーシー」が必ずもらえる、ログインスタンプを開催中
ゲーム内にログインをすると、プレゼントBOXにログインスタンプが付与されます。こちらのログインスタンプを ためることでゲーム内のアイテムを獲得することが可能です。今回は、ログイン1日目に「★3 ルーシー」、ログイン12日目にコラボミニモンの中からランダムで1つもらえる「コラボミニモンボックス」が必ずもらえるなど、スヌーピーの人気キャラクターが期間限定で入手できます。

【開催期間】2020 年10 月23 日(金)11:00 ~ 11 月7日(土)23:59

■ステージクリアで「★5 シェフスヌーピー」など豪華アイテムが入手可能!イベント「風船配達」が開催中
風船のあるステージをクリアし風船を集め一定数に達すると、自動でアイテムと交換される新イベント「風船配達」 が本日より開催中です。配達した回数が多いほど豪華な報酬を受け取ることができ、今回は「★5 シェフスヌーピ ー」も獲得できるチャンスです。

【開催期間】2020 年10 月23 日(金)11:00 ~ 10 月28日(水)10:59

■応募者の中から抽選で「PEANUTS70周年記念グッズ」をプレゼント!ログイン抽選イベント開催中
抽選で6名様に可愛いスヌーピー達のグッズが詰まった「スヌーピータウンショップオリジナル PEANUTS70周年 記念グッズ詰め合わせ」がもらえる応募イベントを開催中です。応募方法は、コラボ期間中に12日ログインして専用の応募ページから応募ボタンを押す事で応募完了となりますので、是非ご参加ください。

【開催期間】2020 年10 月23 日(金)11:00 ~ 11 月23日(月)10:59


                      (C)2020 Peanuts Worldwide LLC

スヌーピータウンショップ商品が買える♪
PEANUTS公式オンラインショップ「おかいものSNOOPY」はこちらから
https://okaimono-snoopy.jp/ext/townshop.html?utm_medium=social&utm_source=game&utm_campaign=linepop2
2020 年10 月2日、PEANUTSはコミック生誕70 周年を迎えました
▼70 周年スペシャルサイトはこちら:https://www.snoopy.co.jp/70th/
※スヌーピーコラボデザインはPeanuts Worldwide LLC と株式会社テレビ東京コミュニケーションズとの契約に基づき、提供いたします。

LINEでは、今後も「CLOSING THE DISTANCE」をミッションとして、「LINE GAME」をはじめ、様々な連携サ ービス・コンテンツを拡充することにより、ユーザー同士のコミュニケーション活性化を図って参ります。

-----------------------
「LINE POP2」概要
-----------------------
「LINE POP2」は、2012年11月に LINE GAME第1 弾タイトルとしてリリースされた、6角形のブロックを上・下・ 斜めの6方向に移動させ、同じキャラクターのブロックを3つ以上並べて消していく、6角形パズルゲームです。2014年10月27日のサービス公開以降、ポップなデザインやサウンドによるかわいらしい世界観と、ステージごとに異なる多彩なギミック、限られた移動回数の中で効率的にブロックを消していく戦略性など、世界中の幅広いユーザーからご好評いただき、日本国内のApp Store、Google Playの無料アプリランキングでもそれぞれ1位を記録しております。2017年3月31日時点で世界累計1,500万ダウンロードを突破いたしました。

■LINE POP2
対応端末:iPhone/Android
対応言語:日本語、英語、中国語(繁体字)、タイ語、韓国語
サービス地域:全世界
サービス開始日:2014 年10 月27 日 価格:無料(アイテム課金)
開発:NHN Pixelcube
運営:LINE株式会社
著作権表記:(C)NHN Pixelcube.All Rights Reserved.

▼App Store https://itunes.apple.com/jp/app/id878506376
▼Google Play https://play.google.com/store/apps/details?id=com.linecorp.LGLP2
※Android、Google Playは、Google LLCの商標または登録商標です。
※iPhone、iTunes およびApp Storeは、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。
※記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

豪、ファイザーのコロナワクチン審査を1月までに終了

ワールド

米運輸省、航空機内に同伴可能な介助動物を訓練された

ビジネス

日銀の政策運営、金融緩和の持続力・柔軟性が改めて重

ワールド

ジスカールデスタン元仏大統領が死去 新型コロナで 

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期政権はどう向き合うべきか?

  • 4

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 5

    トランプが敗北してもアメリカに残る「トランピズム…

  • 6

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 7

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 8

    カリブ海の深海で熱気球のような新種の有櫛動物が発…

  • 9

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 10

    コロナ感染の母から生まれた新生児、抗体もちながら…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!