プレスリリース

クリエイターを科学する、ミライの左手デバイス「Orbital2」が中国で販売開始

2020年06月02日(火)10時11分
株式会社BRAIN MAGIC
クリエイターの作業を効率化!ミライの左手デバイス「Orbital2(オービタルツー)」がWeChat越境ECミニプログラムにて正式に販売を開始し、中国進出。


株式会社BRAIN MAGIC(本社:東京都千代田区、代表取締役:神成 大樹)が開発した、クリエイターを科学する、ミライの左手デバイス「Orbital2(オービタルツー)」が、中国にて取り扱い開始されることが決定し、2020年6月2日(月)より、現在10億人以上のアクティブユーザーを抱えるWeChatの越境ECミニプログラム「魔脑创BRAIN MAGIC」(下図1)にて販売開始されます。


「Orbital2(オービタルツー)」は、クリエイターのクリエイティブシーンにおけるキーボード操作を無くす事を目的に開発された、クリエイターのための入力デバイスです。特許を取得した独自の機構により、小型なフォルムかつ直感的な操作性と、ハイスペックかつ自由度の高いカスタマイズ性の両方を実現することに成功しました。



BRAIN MAGICはクリエイターの世界のあたらしい当たり前(ニューノーマル)を作る上で中国こそ要の国と考え、ファーストプロダクトであるOrbital2という製品の販売をスタートさせていただきます。

中国市場へのOrbital2の参入がきっかけとなり、より多くの中国クリエイターに新しいクリエイティブ体験をもたらすことが出来ることを期待しています。また今回の中国市場への参入を皮切りに、今後世界各国へと日本のクリエイティブを広げていければと考えています。

■ 購入について



・2020年6月1日(月)より、WeChat越境ECミニプログラム「魔脑创BRAIN MAGIC」(下図1)にて正式販売開始

図1
※WeChat内にて読み込みが可能です。


・TaoBaoにおいても順次販売開始予定

現在WeChatにて、Orbital2に関するコンテンツ配信を行っております。コンテンツ内容は順次拡充予定となっており、日本のクリエイティブを世界に発信するきっかけとなればと考えています。


■Orbital2について



▼ 製品紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=XESPCjtFlrI

▼ 製品特徴
特徴1:独自機構の採用により、直感的かつスピーディーな操作が可能
特徴2:割り当てられるキーの数は他プロダクトの中でもトップクラス
特徴3:柔軟なUIや豊富な機能の組み合わせにより、カスタマイズの可能性は無限大

▼ 製品について
製品名:Orbital2(オービタルツー)
サイズ:全高約68mm / 底面~フラットリングの高さ約33mm / フラットリング直径約60mm / ダイアル直径約28mm
重さ:約130g(最軽量化時)
接続方法:着脱式USBによる有線接続

▼製品名の中国表記について
製品名:「奥笔控 2」
「クリエーターの未来を科学し続けるコントローラー」というメッセージを込めて名付けました。

簡体字については、音がオービタルに近い字を選びました。
「奥」…奥深く懐深い、機能が豊富(rich)、計算され尽くした(科学された)
「笔」…筆という意味から、クリエイターにとってのペンタブを想起し、クリエイティブの道具(ツール)として、従来型の筆を代替していきたいという思いも込めています。
「控」…制御する(コントローラー)という意味を持っています。


■株式会社BRAIN MAGICについて
本社所在地 : 東京都千代田区神田須田町1-26 高野ビル 7F
会社設立 : 2016年2月16日
代表取締役 : 神成 大樹
URL : https://brainmagic.tokyo/

「Creating Re-Creation ~テクノロジーの力で世界のクリエイティブを加速させること~」をミッションに据え、クリエイターが今ある複雑なインターフェースから解放され、誰もが自然とクリエイティビティーを発揮できる未来を実現するためのプロダクトを世界へ発信しています。

・Twitter :@Brain_magi
・Facebook: @Brainmagi
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

ワールド

焦点:中国、コロナワクチン開発で先頭集団に 「戦時

ビジネス

トランプ氏、学校再開へ再び圧力 税制優遇措置など再

ビジネス

英、EUコロナワクチン事前買取案への不参加表明

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに中国が報復誓う

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    新型コロナの治療薬候補アビガン、臨床研究で統計的…

  • 6

    韓国ソウルのパク・ウォンスン市長、遺体で発見 セク…

  • 7

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 8

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 9

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 10

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 6

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!