プレスリリース

世界的ロボットコンペティションMakeX2020東京大会&無料オンライン講座開催!

2020年06月01日(月)19時00分
株式会社AzhaiCommunications
MakeXの競技、SPARKは開催! STARTERは9月中止。 オンライン講座「MakeXへの道」を開講!

SPARKはオンライン予選&オンサイト決勝(2020年9月20日アオバジャパンインターナショナルスクール)で開催決定! ※MakeXのmBotを使った競技、STARTERについては9月の開催を中止とします。 そこで、みんなで身の回りにあるものを使って競技を考え運動会を企画しよう! 今僕たちにできることを、3か月間を通して考えて行こう!


MakeX 2020 東京大会 SPARK テーマ
「Future Home」
今より便利で快適で楽しい未来をチームで考えて制作し発表しよう!

MakeX東京大会2020
MakeX2020東京大会公式サイト https://makex.jp/

【世界大会プロモーションMOVIE】※この動画には東京大会のルールと違う箇所があります。

1. SPARKテーマ
「Future Home」
近い将来、AIは私たちの生活に変化をもたらします。皆さんが大人になった時、AIはどのように生活に溶け込んでいるでしょうか?皆さんが考える、今よりも快適で、便利で、楽しいFuture Homeとはどのようなものでしょうか?まずは、現在の生活について、より細かい項目(家族・家具・建物・家の環境 等)に分けて、現在ある問題提議をし、より良くするための改善方法を考え、プログラミングや様々な材料を使って表現してください。

------SPARKでのHOMEの定義-----
HOMEは住居施設だけでなく、家族、文化、故郷、環境などの意味も含めます。人生のあらゆる側面が含まれています。人々は家を出て勉強したり、働いたりします。そして家へ帰り、そこで暮らします。都会へ出て勉強したり、働いて、休みの時に故郷へ帰る人もいるでしょう。あなたはHOMEについて深く考えたことがありますか?あなたはHOMEを作る事ができますか?あなたの理想とする未来のHOMEを考えてみてください。
世界大会表彰式
2. 募集の対象
小学校、中学校(6~13歳)の在学中に、2名以上の選手と、安全面を確保するメンター1名以上のチームを編成し作られた作品を対象とします。※2020東京大会は特例で選手1名チームも参加可。

3. オンライン予選作品募集期間
令和2年6月20日(土)~8月22日(土)

4. 参加費
無料

5. オンライン予選提出物


応募用紙
制作した作品プレゼン動画
エンジニアリングノート
作品取り扱い説明書


※決勝進出者は、9月20日にアオバジャパンインターナショナルスクールにてオンサイト決勝を行います。
SPARK2019参考作品
6.表彰


ベスト・クリエイティビティ賞
ベスト・デモンストレーション賞
ヤングエンジニア賞
ヤングデザイナー賞
シェアリング賞
チームワーク賞
スピリット賞


表彰
7.日本代表選抜
MakeX SPARKは、2020年のMakeX World Championshipに出場するチームを、受賞したカテゴリーと受賞数に応じて選出します。





8. 審査委員
オンライン予選審査委員:MakeX日本実行委員会

オンサイト決勝審査委員:
審査委員長
山内 祐平 (東京大学 大学院 情報学環 学際情報学府・教授)
審査委員
渡辺 ゆうか(ファブラボ 鎌倉 / 一般社団法人 国際STEM学習協会代表)
松村 礼央(株式会社カラクリプロダクツ代表取締役)
ねば~る君(納豆の妖精)
石塚 和人(IID世田谷ものづくり学校企画ディレクター)
まお(ギャル電)

9. 審査日
オンライン予選発表:令和2年9月1日 WEBサイトにて発表
オンサイト決勝戦: 令和2年9月20日 会場: アオバジャパンインターナショナルスクール
※新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大している状況をみてオンラインに変更する場合もあります。

10. 受賞作品の表彰式
日時:令和2年9月20日
会場: アオバジャパンインターナショナルスクール【東京・練馬】
https://www.japaninternationalschool.com/
MakeX2019-SPARK-優秀チーム


MakeX2019作品-SPARK-

デモンストレーション


プレゼンテーション
制作風景-STARTER-
制作風景
海外大会風景
制作風景-STARTER-
MakeX2019東京大会-STARTER-

MakeXへ向けてオンライン講座を開講します!
「MakeXへの道」

みんなで身の回りにあるものを使って競技を考え運動会を企画しよう!
9月にみんなが集まって、楽しい大会が開催できるように、今僕たちにできることを3か月間を通して考えて行こう!




詳細はWEBサイトから→ https://makex.jp/

■講座目標


MakeXのSPARKの競技のアイデアを探求する
Makeblock社のmBotを使った運動会をSDGsの17項目を題材に企画する
9月のMakeXや運動会に向けて、様々な学びをオンライン講座から習得する



■参加費
無料(受講に必要な機材や素材の準備は、参加者にてご用意ください。)

■募集人数
100名

■応募申し込み
Googleフォームからお申し込み(募集期間:2020年6月1日~18日 定員になり次第締切)
お申し込みはこちら→ https://docs.google.com/forms/d/1uh-Ikt4yNmNoWh4uvB_jdRKE4f4zu_Qq5gahat2N2eU/
※お申し込み後、担当者より送信する参加規約承諾書のご提出をお願いします。必要事項の確認が全て揃った方から参加資格をお渡しします。お申し込みの過程で、内容確認等のためにご連絡をさせて頂く場合があります。

■参加条件
小学校4年生~中学2年生
※受講規約のご提出と審査があります。

■オンライン講座「MakeXへの道」(全12回)
開講:6月20日から9月4日までの毎週土曜日

時間:16:00~18:00 (45分×2コマ 休み時間有 授業は17:45終予定)
SDGsを基本とした、問題に取り組むゲームを子供たちと共に考え、みんなが家で平等に用意できるものから競技を考える。


6月20日(土)アイデア発想法講座 新しいアイデアの出し方
6月27日(土)アイデア発想法講座 前回のアイデア出しを踏まえて、フィードバック
7月04日(土)ファブリケーション講座 Makeblock のレーザーカッターの活用
7月11日(土)ファブリケーション講座 3Dティンカーキャドの使い方
7月18日(土)プログラミング講座 mBotの基本操作の確認・プログラミングとは
7月25日(土)ティンカリング講座 質量とエネルギー、物体が動くときに働く力
8月01日(土)プログラミング講座 mBotのセンサーを使ったプログラミング
8月08日(土)ティンカリング講座 頑丈な構造、ものを楽に持ち上げるには
8月15日(土)プログラミング講座 mBotのエンジニアリングとプログラミング
8月22日(土)ティンカリング講座 建物が崩れない理由、動きを変える仕組み
8月29日(土)プログラミング講座 mBotのプログラミング応用
9月05日(土)プレゼンテーション講座 自分のアイデアを伝える話し方
9月20日(日)MakeX SPARK決勝 mBot大運動会


※授業内容は状況に応じて、予定を変更する場合があります。
MakeX2019作品-SPARK-
MakeX2019MyCity
制作風景
制作風景-SPARK-
作品
デモンストレーション
海外大会風景
◼️主催
MakeX日本実行委員会

◼️協力
Makeblock Japan
アオバジャパンインターナショナルスクール
世田谷ものづくり学校

◼️後援
一般社団法人 日本産業技術教育学会

◼️協賛 -スポンサー募集中ー
駿台電子情報&ビジネス専門学校
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

ワールド

焦点:中国、コロナワクチン開発で先頭集団に 「戦時

ビジネス

トランプ氏、学校再開へ再び圧力 税制優遇措置など再

ビジネス

英、EUコロナワクチン事前買取案への不参加表明

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに中国が報復誓う

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    新型コロナの治療薬候補アビガン、臨床研究で統計的…

  • 6

    韓国ソウルのパク・ウォンスン市長、遺体で発見 セク…

  • 7

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 8

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 9

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 10

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 6

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!