プレスリリース

アニメ「ジビエート」、ライブ配信で56万人が視聴した 中国のゲームエキスポ「上海WePlay 2019」スペシャルステージに登壇 最新PV再生回数も開始5日で30万PVを突破!

2019年12月10日(火)12時30分
「GIBIATE PROJECT」製作委員会
天野喜孝の最新キャラクター原画を中国で初展示、中国ファンを魅了

天野喜孝、芹沢直樹、古代祐三など、日本のゲーム・漫画・アニメを中心としたカルチャーシーンで活躍する“レジェンド”クリエイターが集結したアニメ「ジビエート」を制作する「ジビエートプロジェクト」(運営:ジビエートプロジェクト製作委員会)は、日本時間12月8日12時ごろ、中国・上海のゲームエキスポ「WePlay Game Expo 2019(以下「WePlay」)」のスペシャルステージに登壇し、当日ライブ配信された視聴者数が56万人を突破したことをお知らせします。


青木良が登壇した「WePlay Game Expo 2019」のスペシャルステージ
WePlayは、中国初のファンを中心としたイベントで、ゲームだけにとどまらず、あらゆるコンテンツを楽しめるファンの祭典で、毎年1万人以上が来場します。アニメ「ジビエート」は、中国によるプロモーションは初であるにも関わらず、中国での天野喜孝氏の人気の高さもあり、来場者数の50倍以上にもあたる56万人がライブ視聴をする結果となりました。11月29日に初公開された第二弾PVの視聴回数も開始5日で30万PVを突破、現在も右肩上がりで増え続け、12月中には50万人を突破する見込みです。

・「ジビエート」公式サイト(日本版):
https://gibiate.com/jp/

WePlayでは、ジビエートプロジェクトのエグゼクティブプロデューサー・青木良がスペシャルステージに登壇し、アニメ「ジビエート」に関する企画概要を披露、同時に最PVや声優陣の柿原徹也・藤井ゆきよのコメント動画、及び吉田兄弟のスペシャルPVも公開しました。中国のアニメファンは、ジビエートの世界観とキャラクター設定に興味が高く、キャラクターデザインを担当する天野喜孝のキャラクター原画の展示には、数多くの天野喜孝ファンがつめかけ、原画を堪能する沢山のファンを見受けられました。またジビエートが来年に上海にて大きな発表をすると、集まった中国のファンの前で約束しました。
キャラクターデザインを担当した天野喜孝氏の原画
最新アニメPVが流れ多くのファンが足を止めていた
ジビエートプロジェクトは、今回のWePlay以外にも、今年の7月に開催された「Anime Expo 2019」(ロサンゼルス)を皮切りに、10月の「New York Comic Con」(ニューヨーク)、11月29日に開催された「C3AFA SINGAPORE 2019」(シンガポール)とブース出展やパネルディスカッションを精力的に行っており、今後も継続的にPR活動を行ってまいります。

「ジビエート」公式アカウント:
・公式twitter:(日本語)
https://twitter.com/gibiateproject
・公式twitter:(英語)
https://twitter.com/gibiateprojectE
・公式Instagramインスタ:
https://www.instagram.com/gibiateproject/
・公式Facebookページ:
https://www.facebook.com/Gibiate-Project-628668170950327/?modal=admin_todo_tour
・公式youtubeページ:
https://www.youtube.com/channel/UCX7tIYxtatA5ZS6jMujjUfw
・「ジビエート」公式サイト(日本版):
https://gibiate.com/jp/

■作品概要
舞台は2030年の日本。地球全土にあるウイルスが広まっていた。
ウイルスの感染者は怪物になり、年齢、性別、人種により姿が変化する。そのウイルスは、
変化する多様な種類から「ジビエート(ジビエのようにバラエティに富んでいる)」と呼ばれた。
そんな荒廃した日本に現れた、一組の侍と忍者。
タイムスリップしてきた二人は、ジビエを治療する研究をしている博士に
協力し、行動を共にすることになる。
襲い来る数多のジビエ、食糧を求めて旅人を襲う無法者、周囲を敵に囲まれた
命懸けの旅が始まる・・・。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

中国ロケット残骸、9日までに大気圏再突入の予想=米

ワールド

アングル:乾燥化進むブラジル、「貯水の森」再生目指

ビジネス

アングル:ワクチンパスポートは航空業界の「救世主」

ビジネス

焦点:投資家がアジア国債保有見直し、相対的に安全な

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 3

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 7

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 8

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 9

    メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

  • 10

    コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 6

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 4

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 5

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 6

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 7

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中