プレスリリース

海外営業で業績拡大する方法は"海外求人"「まさしく営業のプロ達からの応募」ご体験キャンペーンを実施

2022年09月15日(木)08時15分
合同会社JEXPO(本社:福岡市)は、当社が運営する有料職業紹介業 TRAJAPONにて、通常、職業紹介手数料 採用人材給与×20~50%のところ、採用企業先着5社さまは最大30%となるキャンペーンを実施しております。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/324669/LL_img_324669_1.jpg
海外営業応募者との現地面接の様子

■まさしく営業のプロを採用できます
TRAJAPON(トラジャポン)は、海外営業人材の採用難を海外求人で解消します。求人企業さまは、進出国の業界に精通し、現地営業の経験豊富な外国人からの応募を集められます。テスト求人では応募者が15名。しかも全員が業界の営業経験者でした。まさしく営業のプロ、国内ではありえない応募を体験いただけます。面接はZoomまたは現地。フルリモートワーク採用なら現地法人は不要。もちろん日本で採用もできます。


■ついに誕生した海外人材の直接紹介
厚生労働省は、全国約23,000のうち、海外人材を直接紹介できる職業紹介事業者数を公表していません。実状はほぼ皆無、当社調べで確認できたのは1社です。外国人専門と称する人材紹介業者さえ、大半は、留学生など国内外国人を紹介できるに過ぎません。一方TRAJAPONは、取次機関を置かない国外にわたる職業紹介を許可されており、日本で唯一、フランス在住の人材を直接紹介できます。
ヨーロッパ進出・多言語展開を目指す企業さまに最適です。


■求人企業さまの不安は「言葉と距離」
ところが求人企業さまは、「海外人材紹介がなかったから使おうにも使えなかった」のではありません。根底にあるのは言葉と距離に対する極度の不安。これが、求人を国内で続けてきた真の理由です。国内外国人・日本人と比べ、海外現地の営業プロがもつスキルや実績は別格であるのにもかかわらず、です。
不安からくる思い込みが招いた機会損失は、目に見えない甚大な損失・停滞を引き起こしています。


■不安は「気づき」+完全伴走で解消できます
TRAJAPONは、言葉と距離の不安をなくします。肝心なのは「不安の原因は、外国語ではなく、海外営業のやり方がわからないから」だという気づき。それに気づいたら、あとは海外営業で取り組む内容(タスク)を決めて共有すれば、不安は解消できます。運営母体JEXPOは、技術営業歴31年、フランス歴26年。DXはコロナ前から実績あり。企業さまを完全伴走支援いたします。


■サービス提供価格
我が国職業紹介制度が適用され、求人・採用まで原則無料です。営業プロ達からの応募をご実感ください。
職業紹介手数料 採用人材給与×20~50%(採用企業先着5社さまキャンペーン 最大30%)。


■採用企業さまといっしょにパイオニアになりたい
今後は「海外求人に商機あり」と目利きできる企業さまが、チャンスをつかめます。TRAJAPONは、企業さまといっしょに海外採用を通して業績拡大を達成するパイオニアになりたい所存です。
先陣を切ってチャレンジいただける企業さまからのお問合せを心よりお待ちしております。


■会社概要
運営主体: 合同会社JEXPO
代表者 : 代表社員 堺 武志(フランス語検定2級 技術士3部門)
所在地 : 〒814-0015 福岡県福岡市早良区室見3-8-6-305
URL : https://jp.travailler-au-japon.com
設立 : 2014年3月
資本金 : 2,500,000円


■本件に関するお問い合わせ先
合同会社JEXPO
電話 : 080-3223-2684
メール: info@travailler-au-japon.com
担当 : 堺


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

来年開催のCOP29ホスト国、アゼルバイジャンで事

ビジネス

テスラは労働者の権利尊重を、ノルウェー年金基金が批

ビジネス

米シグナがヒューマナ買収を断念、価格で折り合えず=

ワールド

米、新たに中国3社からの輸入禁止 ウイグル族人権侵
MAGAZINE
特集:イスラエルの過信
特集:イスラエルの過信
2023年12月12日号(12/ 5発売)

ハイテク兵器が「ローテク」ハマスには無力だった ── その事実がアメリカと西側に突き付ける教訓

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「未来の王妃」キャサリン妃が着用を許された、6本のネックレスとは?

  • 2

    ショッピングモールのデザインが「かつての監獄」と同じ理由

  • 3

    「ホロコースト」の過去を持つドイツで、いま再び「反ユダヤ」感情が上昇か...事件発生数が急増

  • 4

    下半身が「丸見え」...これで合ってるの? セレブ花…

  • 5

    中身が「透けすぎ」...米セレブ、派手なドレス姿で雑…

  • 6

    大統領夫人すら霞ませてしまう、オランダ・マキシマ…

  • 7

    「みっともない!」 中東を訪問したプーチンとドイツ…

  • 8

    英ニュースキャスター、「絶対に映ってはいけない」…

  • 9

    キャサリン妃の「ジュエリー使い」を専門家が批判...…

  • 10

    完全コピーされた、キャサリン妃の「かなり挑発的な…

  • 1

    「未来の王妃」キャサリン妃が着用を許された、6本のネックレスとは?

  • 2

    シェア伸ばすJT、新デバイス「Ploom X ADVANCED」発売で加熱式たばこ三国志にさらなる変化が!?

  • 3

    下半身ほとんど「丸出し」でダンス...米歌手の「不謹慎すぎる」ビデオ撮影に教会を提供した司祭がクビに

  • 4

    反プーチンのロシア人義勇軍が、アウディーイウカで…

  • 5

    下半身が「丸見え」...これで合ってるの? セレブ花…

  • 6

    周庭(アグネス・チョウ)の無事を喜ぶ資格など私た…

  • 7

    「傑作」「曲もいい」素っ裸でごみ収集する『ラ・ラ…

  • 8

    英ニュースキャスター、「絶対に映ってはいけない」…

  • 9

    「みっともない!」 中東を訪問したプーチンとドイツ…

  • 10

    ロシアはウクライナ侵攻で旅客機76機を失った──「不…

  • 1

    <動画>裸の男が何人も...戦闘拒否して脱がされ、「穴」に放り込まれたロシア兵たち

  • 2

    <動画>ウクライナ軍がHIMARSでロシアの多連装ロケットシステムを爆砕する瞬間

  • 3

    <動画>ロシア攻撃ヘリKa-52が自軍装甲車MT-LBを破壊する瞬間

  • 4

    ロシアはウクライナ侵攻で旅客機76機を失った──「不…

  • 5

    ここまで効果的...ロシアが誇る黒海艦隊の揚陸艦を撃…

  • 6

    最新の「四角い潜水艦」で中国がインド太平洋の覇者…

  • 7

    またやられてる!ロシアの見かけ倒し主力戦車T-90Mの…

  • 8

    レカネマブのお世話になる前に──アルツハイマー病を…

  • 9

    完全コピーされた、キャサリン妃の「かなり挑発的な…

  • 10

    「超兵器」ウクライナ自爆ドローンを相手に、「シャ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中