オーストラリア

「毛深すぎる」と専門家も困惑......とんでもなくモフモフのカニの新種を発見

2022年6月17日(金)17時00分
佐藤太郎

ここまで毛深い理由は現段階では突き止められていない Coutesy of the WA Museum.Photo by Colin McLay

<この種のカニはそもそもある程度毛深いというが、これはさすがにモフモフすぎる。しかも「帽子」まで被っている>

「毛」は動物界で多くの目的を果たすが、今回見つかった新種のカニの姿は専門家をも戸惑らせてしまうレベルだった。

西オーストラリアの南海岸で発見されたこのカニは、スポンジ・クラブの新種とみられる。スポンジ・クラブは後ろ脚を使って自分の体の上で海綿を付ける。タコや魚といった外敵からのカモフラージュが目的だ。

オーストラリアには多くの種類のスポンジ・クラブが生息しているが、今回見つかった新種は、並の海綿の量では満足できないのか、小さな帽子のようなものまで被っている。

「驚くほど柔らかい」

西オーストラリア博物館の学芸員であるアンドリュー・ホージー博士は、このカニは捕食者から身を隠すために、海綿を後ろ足を使って頭上まで移動させたと話す。

スポンジ・クラブは西オーストラリア州最南端の街アルバニー沿岸からナチュラリスト岬の間に生息しているが、新種の毛深さについて驚きを隠せない。「非常に毛むくじゃらで驚くほど柔らかく、綺麗な黄褐色」だ。

新種のカニがここまで毛深い理由は現段階では突き止められていない。「捕食者から足をさらにカモフラージュするのに役立つのではないかと思います」

ただ「彼らの行動は奇妙だ...」と付け加えた。

今、あなたにオススメ

話題のニュースを毎朝お届けするメールマガジン、ご登録はこちらから。

今、あなたにオススメ

本誌紹介

特集:ウクライナ  サイバー戦争

本誌 最新号

特集:ウクライナ サイバー戦争

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

2022年9月27日号  9/20発売

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 9

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガン夫人には「隠し撮り」疑惑が

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    米オクラホマの刑務所、童謡を繰り返し聞かせる「拷問…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり漏洩 記念撮影で

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 7

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

もっと見る

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

【写真特集】南アフリカのフードデリバリーは命懸け