ニュース速報

ワールド

タイ中銀、政策金利を0.25%引き上げ 3会合連続

2022年11月30日(水)20時12分

 11月30日 タイ中央銀行は30日、政策金利を25ベーシスポイント(bp)引き上げ1.25%とした。写真はタイ中央銀行のロゴ。2016年8月、バンコクで撮影(2022年 ロイター/Chaiwat Subprasom)

[バンコク 30日 ロイター] - タイ中央銀行は30日、政策金利を25ベーシスポイント(bp)引き上げ1.25%とした。世界的な逆風に直面している景気回復を支援しながら目標を上回るインフレ率の抑制を目指す。

利上げは全会一致で、3会合連続。中銀はインフレ抑制と景気回復の支援を目指している。

ロイター調査ではエコノミスト19人中17人が25bpの利上げ、2人が据え置きを予想していた。

今年と来年の成長率予想を下方修正し、世界経済見通しの下振れリスクを要因に挙げた。一方で好調な観光業が国内経済を下支えするとした。

中銀は声明で「観光産業は引き続き拡大している。民間消費は経済活動の改善に支えられている」と表明。金融部門は依然強靭(きょうじん)とも指摘した。

ピティ中銀総裁補は経済成長が今年は3.2%、来年は3.7%になるとの見通しを示した。従来予想(今年3.3%、来年3.8%)を若干下回る。

今年の総合インフレ率の予想は6.3%。来年の予想は2.6%から3%に引き上げられたが、目標レンジ内(1─3%)となる見通し。

中銀は利上げは緩やかで慎重なものになると表明。幅とタイミングは必要に応じて調整すると述べた。

「成長率とインフレの見通しから、緩やかな政策正常化が金融政策として適切と判断した」と説明した。

「インフレに対するリスク、特にコスト転嫁が拡大する可能性や、依然として不透明な国内のエネルギー価格を引き続き注意深く監視していく」とした。

キャピタル・エコノミクスのアジア担当シニアエコノミスト、ガレス・レザー氏は「(中銀は)以前の会合よりもインフレに対してややタカ派的」であるようだと指摘した。

「中銀は今後数カ月、難しいバランスに直面する」とし「インフレ抑制のために利上げを続ける必要がある一方で、引き締めを急ぎ過ぎて景気回復の芽を摘まないようにしなければならない」と述べた。金利のピークは1.75%と予想した。

カシコーンバンクの資本市場調査部門を率いるKobsidthi Silpachai氏は、2023年にさらに50bpの利上げが行われるとの見方を示した。

バーツは利上げ発表後、0.4%上昇。中銀はバーツが依然として非常に不安定で動向を注視していると述べた。

中銀は外国人観光客について、今年は1050万人、来年は2200万人とし、前回予想の950万人、2100万人から上方修正した。

また今年の輸出は7.4%増、来年は1.0%増と予想した。従来は22年が8.2%増、23年は1.1%増と予想していた。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

独蘭デンマーク、ウクライナ向けに戦車100両を購入

ビジネス

FRB、バランスシート縮小終了まで「数年」=パウエ

ビジネス

ECB、一段の大幅利上げ必要 不透明性踏まえ「段階

ビジネス

〔情報BOX〕パウエル米FRB議長の発言要旨

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中