ニュース速報

ワールド

北朝鮮が短距離弾道ミサイル、変則軌道か 米副大統領の訪韓前に

2022年09月25日(日)10時08分

 韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が25日に弾道ミサイルを東岸沖に向けて発射したと発表した。写真は北朝鮮の旗。韓国側から7月代表撮影(2022年 ロイター)

[ソウル/東京 25日 ロイター] - 韓国軍合同参謀本部は25日、北朝鮮が弾道ミサイルを東岸沖に向けて発射したと発表した。米原子力空母ロナルド・レーガンが韓国南部・釜山の海軍基地に入港した後のタイミングで、ハリス米副大統領の訪韓も数日後に控えている。

韓国軍によると、北朝鮮が発射したのは短距離弾道ミサイル1発。午前7時前(日本時間、同)に平安北道の泰川郡から発射した。高度60キロをマッハ5の速度で600キロ飛行したと分析し、米軍とともに対応を協議したとしている。

一方、日本の防衛省は変則軌道で飛行した可能性があると分析。最高高度約50キロ、通常軌道なら約400キロ飛行し、日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したと推定している。

浜田靖一防衛相は記者団に「断じて許されない。ミサイル技術の著しい向上を見過ごすとはできない」と語った。潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射準備をしているとの情報が事前に出ていたが、「現時点で(弾種について)確たることを言うのは困難」と述べた。

米インド太平洋軍は声明で、北朝鮮がミサイルを発射したことは認識しているとした上で、同盟国と緊密に協議していると説明するとともに、韓国と日本の防衛に関与することを再確認した。

「今回のミサイル発射は、米国の国民や領土、同盟国に直接的な脅威を与えるものではないと評価しているが、北朝鮮の違法な大量破壊兵器・弾道ミサイル計画による不安定化の影響を鮮明にした」とした。

北朝鮮が弾道ミサイルを発射するのは、1日で8発の短距離弾を試射した6月5日以来。日本の防衛省によると、巡航ミサイルを含め今年19回目の発射となった。日本は北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に抗議した。

米韓両国は北朝鮮の相次ぐミサイル発射を受け、合同演習の規模を拡大する方針を打ち出していた。23日には米ロナルド・レーガン率いる空母打撃群が約4年ぶりに釜山に入港した。韓国軍との合同演習に参加する。

また、27日の安倍晋三元首相の国葬に参列するハリス副大統領が、その後に韓国を訪問する。

韓国聯合ニュースは24日、米副大統領の日韓訪問を数日後に控え、北朝鮮がSLBM発射実験を準備しているとみられる兆候を韓国軍が検知したと報じていた。韓国大統領府も同日に声明を発表し、尹錫悦大統領がSLBMを含む北朝鮮の挑発行為を示唆する兆候や動きを認識していると表明していた。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米テスラ、初の大型EVトラック「セミ」公開 初納入

ビジネス

日経平均は反落、米景気懸念や円高が重し 米雇用統計

ビジネス

ユニクロ、11月の国内既存店売上高は前年比-3.8

ビジネス

ドイツ経済省、対中貿易依存を問題視

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 6

    プーチン後のロシアは正真正銘の「ギャング国家にな…

  • 7

    日本人が知らない、少年非行が激減しているという事実

  • 8

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 9

    「ツイッター終了」の未来

  • 10

    「もうどうでもいい」 逆襲ウクライナの「急所」を、…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中