ニュース速報

ワールド

ビヨンド・ミートCOO逮捕、口論相手の鼻をかんだ疑い 停職に

2022年09月21日(水)08時29分

 9月20日、植物由来の代替肉を製造・販売する米ビヨンド・ミートのダグ・ラムジー最高執行責任者(COO)が、男性と口論中に相手の鼻をかんだ疑いで逮捕された。2019年5月撮影(2022年 ロイター/Brendan McDermid)

[20日 ロイター] - 植物由来の代替肉を製造・販売する米ビヨンド・ミートのダグ・ラムジー最高執行責任者(COO)が、男性と口論中に相手の鼻をかんだ疑いで逮捕された。これを受け、同社は20日、ラムジー氏を直ちに職務停止にしたと発表した。

製造業務担当のジョナサン・ネルソン上級副社長が暫定的に職務を代行するという。

同社の株価はこの日の通常取引で6%下落。引け後の時間外取引では小幅に反発した。

裁判所の記録によると、ラムジー容疑者は17日に暴行と脅迫の容疑で拘束され、18日に保釈された。報道によると、事件はアーカンソー州フェイエットビルの駐車場で起きたという。

ラムジー容疑者は食肉加工大手の米タイソンフーズで30年にわたり幹部職などを務めた後、昨年12月にビヨンド・ミートのCOOに就任していた。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国、台湾との平和的統一に努力 ロシア「火遊び」と

ワールド

ロシア外相、併合地域は「完全保護下」に 核兵器使用

ワールド

カナダ首相、安倍元首相国葬参列取りやめ 災害対応に

ワールド

ロシア議会、29日に併合法案審議 プーチン氏が30

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中