ニュース速報

ワールド

豪サントス、アラスカの石油開発推進へ 上期は過去最高益

2022年08月17日(水)18時53分

8月17日、 豪石油・ガス大手サントスは米アラスカ州ピッカ鉱区における26億ドル規模の石油開発プロジェクトを進めると発表した。写真はサントスのロゴ。シドニーで2016年2月撮影(2022年 ロイター/Jason Reed)

[メルボルン 17日 ロイター] - 豪石油・ガス大手サントスは17日、米アラスカ州ピッカ鉱区における26億ドル規模の石油開発プロジェクトを進めると発表した。

決定は予想外と受け止められ、上半期決算が過去最高益となったにもかかわらず株価が下落した。

ケビン・ギャラガー最高経営責任者(CEO)はピッカでの石油開発は「極めて優れたプロジェクトだ」とし、1バレル=60ドルの原油価格に基づく収益率は19%になるとの見通しを示した。

ピッカでの生産開始は2026年を予定し、生産量は日量8万バレルになるとしている。

サントスの株価は2.4%下落した。

上半期の基礎的純利益は4倍の12億7000万ドルになった。ガス・石油価格の大幅上昇とオイルサーチ買収による生産量増加が寄与した。ビジブル・アルファによると、利益は予想(約11億3000万ドル)を上回った。

中間配当は約38%増の1株当たり0.076ドルとした。また自社株買いを2億5000万ドルから3億5000万ドルに拡大した。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

EU、ウクライナ兵士最大1.5万人訓練へ=独誌

ビジネス

英中銀、3日の国債買い入れ額は2210万ポンドにと

ビジネス

英財務相、所得税最高税率引き下げ案を撤回 政権に打

ワールド

拘束のザポロジエ原発所長が解放=IAEA事務局長

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング