ニュース速報

ワールド

焦点:中国全人代、新5カ年計画が習主席の野望成就への試金石に

2021年03月04日(木)16時03分

 中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)が5日に開幕する。写真は1日、北京の紫禁城前を警備する武装警察部隊(2021年 ロイター/Thomas Peter)

[北京 2日 ロイター] - 中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)が5日に開幕する。米国との戦略的競合関係を背景に消費と国産技術への依存を高めようとする中、景気回復の道筋を示し、スタグネーション(景気停滞)回避に向けた5カ年計画を公表する。

初日には李克強首相が2021年の政府活動報告を行う。関係筋によると、新型コロナウイルス流行を受けて今年も前年に続き明確な経済成長目標は盛り込まれない見通しだ。

同じ日に発表される第14次5カ年計画(2021─25年)は、新たな成長エンジンを稼働させイノベーションを促すような改革を促進するよう呼び掛ける。関係筋によると、同計画では年平均5%前後の経済成長達成が目標となる見込み。

また、香港の選挙改革も決まる可能性がある。中国は改革で「愛国者」に香港を統治させるようにし、民主派を影響力をさらに削ぐ方針だ。

北京に拠点を構えるコンサルタント会社「チャイナ・ポリシー」は最近のリポートで、「第14次5カ年計画では科学、技術、イノベーションにほぼ絶対的なプライオリティー(優先権)が与えられるだろう」と指摘した。

米中間の緊張が高まり、米国が中国の通信機器大手である華為技術(ファーウェイ)に対する半導体供給を禁じたことで輸入技術に頼る中国の姿が浮き彫りとなった。

チャイナ・ポリシーは「生産性向上、消費促進、農村活性化、環境浄化を超越し、科学技術大国になることは国家安全保障問題だ」とした。

<「中所得国の罠」>

習近平国家主席は中国を2025年までに「高所得」国に、35年までに「中等先進」国にすることを目指している。35年には経済規模は20年の水準の2倍となる見込み。

中国のグローバル大国化という習主席の野望を果たすため、新たな5カ年計画では中国が「中所得国の罠(わな)」を切り抜ける道筋を示す必要がある。中所得国の罠とは、ある国が中所得の水準に達した後、生産コストの上昇などで競争力が低下し、最終的に経済が停滞する現象だ。

華夏新供給経済学研究院の賈康院長はロイターに対し、中国は「外国テック企業による締め付け」に脆弱な半導体、半導体製造装置、基本ソフト(OS)といった重要分野でブレークスルーを成し遂げる必要があると指摘。「計画は第14次の5カ年に限定されることなく、『中所得国の罠』を回避した後いかに持続可能な発展を成し遂げるか、2035年につながるものになるだろう」と述べた。

英経済ビジネス・リサーチ・センターは、中国が2028年に米国を抜き、世界最大の経済大国になると予想。新型コロナ流行からの対照的な米中両国の回復状況を背景に、従来予想よりも5年早まるとみている。

<まだら模様の回復>

関係筋によると、昨年に多くの刺激措置を打ち出したことを受け、政策当局者は今年の経済支援策を縮小する見通し。ただ、消費がさえず、小規模企業が苦境にあえぐ中、まだら模様となっている回復状況が頓挫しないよう慎重に政策運営を進める方針だ。

中国共産党の政治局は2月26日、中国の回復局面はまだしっかりとした足取りにはなっていないとの認識を示した。

中国人民銀行(中央銀行)の政策顧問で全国政治協商会議の経済委員会副主任を務める劉世錦氏は26日、中国経済が新型コロナ危機から回復する中、2021年の国内総生産(GDP)は8─9%増加する可能性があるとの見方を示した。ただ、これは2020年の成長率が2.3%と低かったことが理由で、経済が「高度成長」局面に戻ったわけではないと指摘した。

(Kevin Yao記者)

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

中国・南京でコロナワクチン併用試験、カンシノと智飛

ワールド

大阪府、緊急事態宣言要請へ 商業施設休業など「強い

ワールド

大阪府と東京都の緊急事態宣言、要請あれば速やかに検

ビジネス

イタリアの1-3月期GDP、前期と同水準のマイナス

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞 

  • 2

    イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイートに保守派が怒った訳

  • 3

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けられている?

  • 4

    日米首脳会談:菅義偉が国際政治のスターになる日

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    菅首相が「国際公約」にしてしまった東京五輪の現実…

  • 7

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 8

    SATCの幻想で期待した映画『デッドリー・イリュージ…

  • 9

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 10

    ニルヴァーナ、ドアーズ、ジミヘン、A・ワインハウス…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 3

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

  • 4

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 5

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 6

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 9

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 10

    エヴァと私の26年

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき愚者は食べ、凡人は我慢する。では賢者は?

  • 4

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中